2006年12月 1日 (金)

American Idiot

Amerikannidexioxtuto GREENDAY {American Idiot}★★★★★

GREENDAYがベストを出してから四年ぶりに出し、爆発ヒットした5thアルバム。9分にもおよぶ「Jesus Of Suburbia」と「Homecoming」のいわゆる”ロックオペラ”を含む意欲作。このアルバムで彼らはグラミー賞、ベストロックアルバム賞を受賞した。ケーブルテレビでその授賞式みたけど、歌わねぇからつまんなかったwwライブアルバム買え

1.American Idiot

直訳すると「アメリカ人の愚か者。」訳では「バカアメリカ人」となっている。痛烈にブッシュ大統領を批判している曲でもあって、いろいろなところで賛否両論にわれている。歌詞がいきなり「Don't wanna be an American idiot♪」とはじまり、結構衝撃的だった。

2.Jesus Of Suburbia(City Of The Damned/ I don't care/Dearly beloved/Tales of another broken home

GREENDAYが提表した新たな音楽”ロックオペラ”。一つの楽曲にそれぞれ関連性のたかい曲を並べて入れることで、一つの世界観を大きく表現した作品。曲は、ビリーが言っているが、覚えやすくて、歌いやすい曲だが、決して軽い曲ではない。ちなみに「Jesus Of Suburbia」とは、「Jesus」、日本語でイエス、つまりイエス・キリスト、神。そして「Suburb」、日本語で「郊外」。(しかしここで言っている神はおそらくキリストではなく、おそらくセイント・ジミーだと思われる)

3.Holiday

名曲。「American Idiot」で、アメリカを大きく批判した。この曲では、いまもどこかで起っている戦争を批判している。ライブアルバムはまぢ圧巻。歌詞をみると、やはり宗教職が強いみたいだなぁ

4.Boulevard Of Broken Dreams

シングル化もされたこの曲も、このアルバムと同様に賞を受賞している。全体的にダークな雰囲気の曲。一度聴いたら耳から離れないし、なにより歌詞がハンパねぇww最後がすごい迫力でおわるwww

5.Are We The Waiting

最初に聴いたとき、これがロックオペラかと思った。サビを聴きながらビリーが指揮をとっているのがとても脳裏うかぶ。さぁみんな「Are we we are, Are we we are the waiting♪

6.St. Jimmy

明るい曲だが、歌詞は暗い。基本テーマは「戦争」と「死」でセイント・ジミーを主人公にした話。最後は雰囲気が変わり、落ち着いた感じで終わり。

7.Give Me Novacaine

ゆったりとした軽快な曲でスタート。Novacaineとは局部麻酔剤のこと。この歌詞にもセイント・ジミーが絡んでくる。このアルバムには本当にこいつがいなきゃダメだなww

8.She's A Rebel

この曲こそ!GREENDAYがメロコア界において長い間TOPに立ち続けた中で積み上げた力を注いだ作品と言える。この曲には宗教色がある部分がいくつかあって、歌詞に「地の塩」という聖書に登場する世の中の腐敗を防く健全分子がえがかれているのもその一つだ。

9.Extraordinary Girl

メロコアとして長い間彼らは高い位置に立ち続けた。この楽曲はいままでのGREENDAYを知りたい人にオススメ。

10.Letterbomb

なぜこの曲はシングル化されないんだ!?この曲が大好きすぎてカラオケでよく歌うが、失敗多数www歌詞にこのアルバムのほかのタイトルが何個か出てきて、なかなか楽しめる曲でもある。なにより、それを加えても不自然でない歌詞全体の構成と、よくできすぎている曲。

11.Wake Me Up When September Ends

聴いたときは曲だけで感動してしまったバラード。問題は歌詞だった!すごい綺麗な表現と、深い意味をかねそろえたこの歌詞は、聴く人を魅了すること間違いなし!曲も綺麗で、あらたな一歩を踏み出せた曲だとおもうね。

12.Homecoming(The death of St. Jimmy/East 12th St/Nobody likes you!/Rock and roll girlfriend/We're coming home again

ロックオペラの第2弾!ついにセイントジミーが死んでしまいます。場所はおそらくパールハーバー。脳みそをぶっ放したらしい・・・

13.Whatsername

この超大作をシメくくるこの曲。真珠湾攻撃、戦艦ミズーリー、過去の戦争のことを忘れないという気持ちを歌にした曲なおかな?でも「彼女のことをわすれない」とか言ってる。最後まで「政治的」なアルバムだったなぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年11月30日 (木)

Shenanigans

Photo_6 GREENDAY[ Shenanigans ]★★★★☆

ベストアルバム『インターナショナル・スーパーヒッツ』が日本国内で50万枚のビッグセールスを突破し、調子に乗ったパンク三人組が出した裏ベスト!シングルのカップリング曲やボーナストラックを収めた内容で14曲収録。裏ベストだからってなめちゃいけない。これを聴き終わった後に、「やっぱGREENDAYって凄い・・・」って言ってしまうはず!

1.Suffocate

3rdアルバム『nimrod』からシングル・カットされた『Good Riddance (Time Of Your Life)』のカップリング作品。パワーのあるイントロと、可愛らしいフレーズのサビが特徴ww歌詞はもう全然ですw

2.Desensitized

3rdアルバム『nimrod』のボーナストラック。人々の叫び声、銃声なんかから始まる曲wwリズムとメロディをうまく調和させた作品。

3.You Lied

これも3rdアルバム『nimrod』からシングル・カットされた『Good Riddance (Time Of Your Life)』のカップリング。ミドルテンポの曲が耳でここちいサウンドで料理されるwwいやぁ、いいわww

4.Outsider

4thアルバム『Warning!』からシングルカットされた『Warning』のカップリング曲で、パンクの先駆者ラモーンズのカバー作品。ミドルテンポの「You Lied」のあとにこのハイペースの曲を持ってくるところがニクイw

5.Don't Wanna Fall In Love

2ndアルバム『Insomniac』から『Geek Stink Breath』のカップリング。カウ・パンク風で、聴いてて気持ちが高揚する曲ww硬くて軽いサウンドが耳から離れませんw

6.Espionage

3rdアルバム『nimrod』からシングル・カットされた『Hitchin' A Ride』のカップリング作品。インスト。前の曲のギャップよねww暗い感じだけどとってもカッコいいww

7.I Want To Be On TV

2ndアルバム『Insomniac』から『Geek Stink Breath』のカップリング。ファングというパンク・バンドのカバー。「On TV!!」と声の掛け合いがツボるw

8.Scumbag

4thアルバム『Warning!』からシングルカットされた『Warning』のカップリング曲。正統派GREENDAYソング第一弾。とでもよぼうか。明るくてメロディアスww聴いていてすごみすら感じます。

9.Tired Of Waiting For You

『シングル・ボックス』の中の『Basket Case』に収録されている曲で、ザ・キンクスのカバー。タイトルどうり脱力系の曲wwでもなんかこのやる気のなさがいいwwGREENDAYらしくないと思ったらやっぱりカバーだったww

10.Sick Of Me

3rdアルバム『nimrod』からシングル・カットされた『Hitchin' A Ride』のカップリング作品。正統派GREENDAYソング第二段。リズミカル&メロディックwwいい感じwwこういう曲好きだよwwカップリングじゃなくても問題ねぇと思うが。

11.Rotting

3rdアルバム『nimrod』からシングル・カットされた『Good Riddance (Time Of Your Life)』のカップリング。スローテンポで「はぁ、」と息をつく曲。

12.Do Da Da

2ndアルバム『Insomniac』から『Brain Stew/Jaded』のカップリング。ポップで聞きやすい正統派GREENDAYソング第三弾!!みじかいけどGREENDAYらしくて良いww

13.On The Wagon

『シングル・ボックス』の中の『Basket Case』に収録されているブルース。ドラムとベースがゴリッとしていてかっこいいけどミドルテンポ。ビリーの優しい声がいいww

14.Ha Ha You're Dead

本作品最大の目玉で、今回初めて発表された曲。始まり方からキャッチーで、聴くものをひきつけるww最後のコーラスなんかもう天才!と叫びたくなるww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 8日 (水)

Warning!

Waningu GREEN DAY[ Warning! ]★★★★☆

グリーンデイのメジャー4作目。正直ショックが大きかった・・・全体的にバカみたいに突っ走る曲が皆無になり、ミドルテンポの曲で固められている。なんか全体的にカントリーチックになってます。最初聴いたとき、こりゃ星3つだな・・・と思ってたけど、何度か聴いてるうちに作品としては完成度は高いんじゃないかなと思えてくる。でもパンクっぽくなくなったなぁ。エモ路線に入り始めた感じ。

1.Warning

タイトルトラック。ミドルテンポで、なかなかイケる。でも個人的にはオープニングにはもっと明るい曲がほしかったかな・・・

2.Blood,Sex And Booze

これはそこまでいい曲ではないwwでも変わった感じで、何度も聴きたくなる曲であることは確か。ここがグリーンデイの凄い所なんだね

3.Church On Sunday

始まりのドラムとギターリフは明るい感じでなかなか好きだけど、「Nimrod」にくらべるとスピード不足な感じ・・・サビの終わりのリズムが変化する所と、終わり方が大好きな曲ww

4.Fashion Victim

ミドルテンポで進行して行く。リフがなかなか味を出してていい感じwwライブで盛り上がる曲ではないね

5.Castaway

これはいいですwww始まり方とか、サビとかもうナイスww!でも妙に演奏が軽く聞こえるのは俺だけかな!?

6.Misery

正直、これを聴いたときが一番ショックだった。こういう曲を歌わないでほしかったです・・・ある部分がアラジンに出てくるジャファーのテーマに聴こえるww

7.Deadbeat Holiday

スロースタートではじまる曲。これもやばいwwていうかサビが凄いキャッチーで、一回聴いただけでもう覚えられますww

8.Hold On

イントロがツボwwサウンドはパワフルなんだけど、フレーズとかは脱力系。。。

9.Jackass

明るいんだけど、どこか切ない・・・これはハマりました。個人的には間奏部分が好きくないけど、それ以外は終わり方もリフも歌詞も文句のつけようが無いです

10.Waiting

最近ギターで弾けるようになった曲。めっちゃ簡単ですwwこれは結構色んな所でも使われているので有名wwベストにも収録されてます

11.Minority

このアルバムっていうかグリーンディの作品の中でも「名曲」といわれるものの一つ。俺が一番最初に聞いたグリーンディの曲ですwwマジいい。。。でもちょっとエモっぽい

12.Macy's Day Parade

アコギの音が心地いいこのアルバムをしめるスローテンポな曲wwよいですww

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年6月13日 (火)

Nimrod

Nimuroxtudo GREENDAY [Nimrod]★★★★★

「Insomniac」という壁を乗り越え二年ぶりに出したグリーンデイ待望のメジャー3作目。個人的には「American Idiot」がでるまで不動の位置をたもちつづけとされる「Dookie」よりも好きだったりする。ベストに収録されている「Nice Guys Finish Last」、「Hitchin' A Ride」、「Redundant」、「Good Riddance (Time of Your Life)」はもちろん名作ばかりだけど、ライブでもよくやる明るいスカバンド調の「King for a Day」。最強メロディを奏でる「Scattered」などベストに入っていてもおかしくない曲がずらりと並んでいる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月11日 (日)

Insomniac

Insomuniaxtuku_1 GREENDAY[Insomniac]★★★★☆

GREENDAY史上最も暗いアルバムとしてあまりに有名な「Insomuniac」。当時は、前回の爆発的なヒットを出したアルバム「Dookie」でとにかく明るく「バカ元気」なGREENDAYという印象を固定化してしまっていた。もちろん「Dookie」ほどのヒットを飛ばしたGREENDAYの周りの環境が変化しないわけがなく、「Dookie」を光とする対極な「Insomuniac」という闇が生まれたのだ。ビリーは、「『Dookie』が問いだとするなら、『Insomuniac』はそれに対する答えなんだ」と言っている。このアルバムのおかげで壁を乗り越え「Nimrod」という新境地に到達したのも確かだが、今なおこのアルバムはGREENDAYの闇として語られている。全体の構成としては、暗いアルバムと呼ばれているが、明るい曲がないわけじゃない(GREENDAYはもともと明るいパンクバンドだし)。ごちゃごちゃ言ったけど、つまり言いたいのはこれはGREENDAYファンとしては聴き逃せない作品ってこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月10日 (土)

Dookie

Doxuki_1 GREENDAY [Dookie]★★★★★

GREENDAYという伝説のはじまりを告げた彼らのメジャーファーストアルバム。それがいきなり1000万枚(それ以上)の売上げを記録!いまやかれらの代名詞的な存在にまでなった「Basket Case」をはじめ、「She」、「Longview」などの大ヒットナンバーが収録されている。今現在のメロコアブームはこのアルバムのおかげで始まったと言っても過言ではない!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 1日 (月)

GREENDAY

Greenday_2 GREENDAY

アメリカ・カリフォルニア州出身の3ピースメロコア・パンクバンドGREENDAY。メジャーデビューアルバム「Dookie」の大ヒットで一躍パンク界のトップに踊り出て、「Insomniac」、「Nimrod」など問題の作品を出しながら、不動の地位を築いていき、ついに2004年に発表した通算7作目のアルバム「Amercan Idiot」がグラミー賞「最優秀ロック・アルバム賞」を受賞し、さらにこのアルバムの中からシングルカットされた「Boulevard Of Broken Dreams」で「最優秀レコード」を受賞するなど名実共にロック界のトップとなった。また痛烈にブッシュ大統領を批判しており、「American Idiot」(アメリカのバカ者)とはブッシュだとINROCKで公言している。

メンバー

ビリー・ジョー・アームストロング(Billie Joe Armstrong)

ギターボーカルで、GREENDAYの楽曲の原案はほとんど彼が担当している。またライブのパフォーマンスがうまく、広いステージでのプレイも得意でファンからの人気が高い。

マイク・ダーント(Mike Dirnt)

ベース担当。ビリーと共にGREENDAYの母体をつくり、今日のGREENDAYを支えてきた彼。ライブなどでは騒ぐが、インタビューの時などは一番真面目にコメントする。

トレ・クール(Tre Cool)

本名、フランク・エドウィン・ライト3世。ドラム担当でいつもふざけていて親しみやすい性格。インディーズデビューした当時はまだGREENDAYメンバーではなかったがインディーズ2作目から参加している。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

MUSIX18!!! | おすすめサイト | 他】このブログの使い方 | 他】すんばらしい話 | 他】ど~でも良い話。 | 他】アーティストについて | 星】★★ | 星】★★★ | 星】★★★★ | 星】★★★★★ | 洋〕→A New Found Glory | 洋〕→Angra | 洋〕→Ataris | 洋〕→Avril Lavigne | 洋〕→Bad Religion | 洋〕→Billy Talent | 洋〕→Blink-182 | 洋〕→Evanescence | 洋〕→Get Up Kids | 洋〕→Good Charlotte | 洋〕→Green Day | 洋〕→Linkin Park | 洋〕→Marilyn Manson | 洋〕→METALLICA | 洋〕→MxPx | 洋〕→Nirvana | 洋〕→NOFX | 洋〕→Oasis | 洋〕→Offspring | 洋〕→Orson | 洋〕→Pennywise | 洋〕→Phantom Planet | 洋〕→Rancid | 洋〕→Red Hot Chili Peppers | 洋〕→Rhapsody | 洋〕→Sex Pistols | 洋〕→Simple Plan | 洋〕→Strokes | 洋〕→SUM41 | 洋〕→Weezer | 洋〕→Yellow Card | 洋〕→Zebrahead | 洋〕ココガガオリジナル | 洋〕~シングル~ | 洋〕~ベストアルバム~ | 邦》→ACIDMAN | 邦》→ASIAN KUNG-FU GENERATION | 邦》→BEAT CRUSADERS | 邦》→BUMP OF CHICKEN | 邦》→ELLEGARDEN | 邦》→GO!GO!7188 | 邦》→GOING STEADY | 邦》→HAWAIIAN6 | 邦》→Hi-STANDARD | 邦》→POT SHOT | 邦》→RADWIMPS | 邦》→SOBUT | 邦》→THE BLUE HEARTS | 邦》→アリス九號. | 邦》→アンティック-珈琲店- | 邦》→ガゼット | 邦》→サンボマスター | 邦》→スムルース | 邦》→ゼリ→ | 邦》→ナイトメア | 邦》→レミオロメン | 邦》→銀杏BOYZ | 邦》→音速ライン | 邦》~シングル~ | 邦》~ベストアルバム~