2006年11月 3日 (金)

ユグドラシル

Yugudorasiru BUMP OF CHICKEN{ユグドラシル}★★★★☆

BUMPの四作目。前作『Jupiter』から2年の沈黙をやぶり発売!ユグドラシルってのは、北欧神話にでてくる『世界樹』、『宇宙樹』とよばれる世界の象徴。オンライン辞書「Wikipedia」では、異なる9つの世界を包んでいると書かれている。BUMPはこのタイトルで何を伝えたかったんだろうなぁ。内容的には、「スノースマイル」「ロストマン/sailing day」「オンリー ロンリー グローリー」のシングル三つを収録している。「オンリー ロンリー グローリー」や、「sailing day」のようなアップテンポで元気の出る曲もあれば、「乗車券」のような考えさせられる曲もあるいろいろな面が楽しめるアルバム。

1.asgard

アコギの心地よいリズムではじまるこのアルバムのイントロ。

2.オンリーロンリーグローリー

「おんり~ろんり~ぐろ~り~♪」からはじまるアップテンポの曲wwすげぇ歌詞がよく伝わってきて元気でる!「選ばれなかった名前を呼び続けてる光がある♪」の部分大好きww

3.乗車権

「オンリー~」から一気に暗い雰囲気で不気味な曲へ。「不気味」という言葉を本当に曲にした感じ。歌詞はなかなか考えさせる内容で、少し怖くなってくるほど・・・

4.embrace

サビがすごいぞくぞくするほどの名曲。一人でしっとりと聴きたい。

5.sailing Day

映画「ワンピース『デットエンドの冒険』」の主題歌になった曲。疾走力のあるメロディと、「ワンピース」のために作られたような歌詞ww「せいっぱい運命に抵抗~♪」というサビはかなり有名。

6.同じドアをくぐれたら

バラードにおいて、BUMPの歌詞はハンパない実力を発揮する。とても綺麗な曲で、つい吸い込まれそうな曲。

7.車輪の唄

俺的に、このアルバムのベスト!ww歌詞の切なさがもうたまらない。この「ユグドラシル」から人気がでてシングルカットされるほど!こりゃぁやばいね。BUMPのスーパーラブ・ソング。

8.スノースマイル

アコギの気持ちの良いイントロからはじまる純ラブ・バラード。「まだ綺麗なままの雪のじゅうたんで二人で刻む足跡の平行線♪」なんて歌詞は普通おもいつかねぇよなぁ

9.レム

「embrace」や「同じドアをくぐれたら」と同じ雰囲気をかもし出す曲。サビの「誰かがつぶやいた~♪」ってとこはかなり印象的。藤原さんの声はこの曲をきくとすでに芸術的域に達している気さえする。

10.fire Sign

ゆったりした雰囲気としっかりしたメロディ、そこに乗せられる美しすぎる藤原の声!個人的にこの曲もめっちゃすき!聴いてみ!絶対はまる!

11.太陽

エコーの利いたサビがやべぇ作品。基本的にリズムが一緒なんだけど、そのなかで少しだけの緩急がついている曲。でも曲よりもやっぱり歌詞に注目していただきたい。「光の向こうの君の姿が僕には見えないと知った♪」のところが個人的に好きだが。

12.ロストマン

「sailing Day」とダブルA面として発売されたシングル。曲の世界に引き込まれそうになるメロディとフレーズは、やっぱりハンパねぇ歌詞を書く彼らだからこそできる!「太陽」からじゃなくて、やっぱり「ロストマン」という一つの曲として聴きたいね。「破りそこなった、手作りの地図♪」もすきだけど「君を忘れたこの世界を 愛せたときは会いにいくよ 間違った旅路の果てに 正しさを祈りながら♪」のとこらがじ~んとくるww

13.midgard

「asgard」と対を成すこのアルバムのエンディングとして作曲された曲。アコギのリズムが心地よい。

14.O-TO-GA-ME はーと

しばらくきいているといきなり「はい、ラッキーらっかせいのみなさん、元気に歌ってくれましたね」という謎のメッセージが!!それからすげぇベタなインタビューがつづき、「激シブBOYZ(読み方は多分違う)」が「O-TO-GA-ME はーと」を歌います。、「激シブBOYZ(読み方は多分違う)」はかなり仲が良いようですwwwこれはBUMPのCDには必ずといっていいほど収録される隠しトラックですwww

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年11月 2日 (木)

jupiter

JupiterBUMP OF CHICKEN[jupiter]★★★★☆

等身大の音楽を披露してくれるエモ・バンドBUMP OF CHICKENの3rd。BUMPのレビューをするとき、どうしても5つ星か4つ星かで迷う。それはサウンド歌詞、声すべていい。しかし、なにかが足りないんだ。BUMPの作品はどれも”途中経過”だといわれているが、確かに作品それぞれがどんどん進化しているので、次の作品こそは!ってのがあるんだろうなぁ。

1.Stage of the ground

メンバーの友達の出産祝いに作った曲で、歌詞にその子供の名前が散りばめられている。(羨ましい・・・)

2.天体観測

BUMP爆発ヒットのキッカケになった名曲。綺麗なイントロに神秘的な藤原さんの声が絡み合う!ていうか、バンドスコアをみるとギター4本必要でバンドで弾けないし、レコーディングの時には7、8本のギターを使ったらしい。すご

3.Title of mine

藤原さんが憎んでやまない曲。なにかこの曲にはすごい思い入れがあり、辛くなってしまったらしいwwすげぇいい曲なのでもうライブでは歌われないんだって・・・残念。

4.キャッチボール

明るいサウンドだけどしっかりしていて聴きやすいwwBUMPにしては短い楽曲。「ダンデライオン」にはいくらなんでも負けるが・・・

5.ハルジオン

これはヤバイ。名曲です。大サビが最高。エモーショナルな歌詞に感動的な歌詞を載せて。その全ての歌詞が完成したきっかけは、「自分の部屋の中でブリキのジョウロが転がっている」夢を見たかららしいwwしかもこんな名曲なのにタイトルはせかされて決めたもので、雑草だったら何でも良かったらしいww

6.ベンチとコーヒー

藤原が実際の一日の経験を元に作詞し、直井の誕生日に贈った曲。今も直井は贈られた歌詞を額縁に入れて飾っているらしい。  write by Wikipedia

7.メロディーフラッグ

一時的な記憶障害に陥った親友に贈った歌とされている。この曲のPVでは、過去のPVの映像も一部使用されている。 write by Wikipedia

8.ベル

メロディーから先に作られた曲。完成当時、タイトルは決まっていなかった。天体観測が売れた時に、昔全然交流のなかった知り合いなどから多くの電話がかかってきて人間不信になりかけたが、突然友人から「大丈夫か」との電話がかかってきて、それに救われたのだと藤原自身が語っており、それをきっかけに作曲されたようだ。write by Wikipedia

9.ダイヤモンド

PVのかっこいい(インディーズもあわせれば)2nd。最初の「何回転んだっていいさ♪」もサビの「一つだけ一つだけ♪」もドツボww

10.ダンデライオン

これをはじめて聴いたのは俺が中2で、友達がカラオケで歌ったのがキッカケ。同時にBUMP初体験の音源。いいwwスピーディでメロディアスですげぇいいww歌詞はサバンナで孤独のライオンが、自分を見ても怖がらないタンポポ(?)と出会って友達になるって話。ちなみにこの曲はもともとバラードで、レコーディングの際ドラムがリズムをメッチャ速くしてしまったため、こんなアップビートな曲になったって噂。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年10月25日 (水)

FLAME VEIN

Flame_vein BUMP OF CHICKEN[FLAME VEIN]★★★★☆

日本を代表するエモーショナルロックバンドBUMP OF CHICKENの2nd。毎回良質な激情ロックを聴かせてくれる彼ら。この「FLAME VEIN」もまた同じことが言えるが、特に「ガラスのブルース」「アルエ」は名曲中の名曲。アルバムのタイトルはカッコいいのに曲は純エモっていう問題児。

1.ガラスのブルース

ガラスのブルース。とりあえず、BUMPで好きな曲を周りの人に聞くと10人中3人くらいが「俺好きだよ」という名曲(微妙)前奏がジャッジャッジャッとはいって、藤原さんの「ガラスの目をした猫は歌うよ♪」って歌が入ってくる瞬間がたまらないww全体的に盛り上がる所はサビぐらいだけど、落ち着いていて元気のでる曲なのでBUMPファンでなくても聴くべき。

2.くだらない唄

かわいいギターリフからここちいい歌声でお送りする、決してくだらなくないが「くだらない唄」。二回目のAメロでハモるところがツボwwこれも特にハジケてるわけでは無いが元気がでる。

3.アルエ

すこし前奏が「ガラスのブルース」に似てるwwBUMPをあまり知らない人でもこれくらいは知ってるんじゃないかな?「ハートに巻いた包帯を~♪」ってフレーズを良く思いついたね・・・。ちなみに噂では、エヴァンゲリオンというアニメのキャラクターの事を唄った歌らしい。

4.リトルブレイバー

爽やかでエモーショナルなイントロと、日常どこにでもありそうでない歌、歌声。BUMPはとにかくこういった曲を書くのが上手いww

5.ノーヒットノーラン

心地よいサウンドと耳にすんなり入ってくる藤原さんの声がこの曲の魅力。サビのコーラスも凄く綺麗。とりあえず朝起きてすぐに聴きたい歌。途中でベースのブルースも入るがそこら辺もまたいいねww

6.とっておきの唄

始まりが大好きです。BUMPは本当に日常とか、何気ない恋愛を描写するのが上手い。そんな想いのこもった歌詞に曲をつけるのが神業級です

7.ナイフ

このアルバムのシメを飾るのは旅だしの「ナイフ」。何気なく聴けるこの曲は藤原さんなりのこだわりが所々に感じられる。たとえば曲の所々にはいるコーラス。バックのギターサウンドのカッキッング等、「うまいなぁ」と思わせる作品。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

MUSIX18!!! | おすすめサイト | 他】このブログの使い方 | 他】すんばらしい話 | 他】ど~でも良い話。 | 他】アーティストについて | 星】★★ | 星】★★★ | 星】★★★★ | 星】★★★★★ | 洋〕→A New Found Glory | 洋〕→Angra | 洋〕→Ataris | 洋〕→Avril Lavigne | 洋〕→Bad Religion | 洋〕→Billy Talent | 洋〕→Blink-182 | 洋〕→Evanescence | 洋〕→Get Up Kids | 洋〕→Good Charlotte | 洋〕→Green Day | 洋〕→Linkin Park | 洋〕→Marilyn Manson | 洋〕→METALLICA | 洋〕→MxPx | 洋〕→Nirvana | 洋〕→NOFX | 洋〕→Oasis | 洋〕→Offspring | 洋〕→Orson | 洋〕→Pennywise | 洋〕→Phantom Planet | 洋〕→Rancid | 洋〕→Red Hot Chili Peppers | 洋〕→Rhapsody | 洋〕→Sex Pistols | 洋〕→Simple Plan | 洋〕→Strokes | 洋〕→SUM41 | 洋〕→Weezer | 洋〕→Yellow Card | 洋〕→Zebrahead | 洋〕ココガガオリジナル | 洋〕~シングル~ | 洋〕~ベストアルバム~ | 邦》→ACIDMAN | 邦》→ASIAN KUNG-FU GENERATION | 邦》→BEAT CRUSADERS | 邦》→BUMP OF CHICKEN | 邦》→ELLEGARDEN | 邦》→GO!GO!7188 | 邦》→GOING STEADY | 邦》→HAWAIIAN6 | 邦》→Hi-STANDARD | 邦》→POT SHOT | 邦》→RADWIMPS | 邦》→SOBUT | 邦》→THE BLUE HEARTS | 邦》→アリス九號. | 邦》→アンティック-珈琲店- | 邦》→ガゼット | 邦》→サンボマスター | 邦》→スムルース | 邦》→ゼリ→ | 邦》→ナイトメア | 邦》→レミオロメン | 邦》→銀杏BOYZ | 邦》→音速ライン | 邦》~シングル~ | 邦》~ベストアルバム~