2006年10月 8日 (日)

Temple of Shadows

Temple_of_shadows_1 ANGRA[Temple of Shadows]★★★★☆

ブラジル出身のメロディアススピードメタルバンド、ANGRA。今回紹介するのはボーカルが変わって新生した彼らの2作目(通算5作目)の作品。11世紀後半の十字軍戦士“シャドウ・ハンター”が赴く魂の探求の旅を描いたコンセプト・アルバムで、スペシャルエディションには18曲ものDVDがついてるっていうヤバイ作品。Angraの名作といえば「Carry On」とか「Nova Era」のイメージがつよいけど(おれだけ?)このアルバムの「Spread Your Fire」もやばい。アルバムとしてはなんていうか単体で聴くのではなく、このアルバムを一つの作品として聴いて欲しい一枚。

1.Deus Le Volt!

ダークなイントロ。これから2曲目の「Spread Your Fire」に行く様は圧巻!

2.Spread Your Fire

Angraの名作「Carry On」、「Nova Era」の意志はこの曲に受け継がれた!?爽快感のあるフレッシュなメタルサウンドにエドゥのなんともあっさりガラガラの声がベストマッチ!ソロのところはあまり好きじゃないね。いい曲だけど最強曲「Nova Era」越えならず・・・

3.Angels And Demons

なんかふざけたサウンドと真面目なサウンドが交互に攻撃してくる!?曲はどんどん移り変わってちょっとスピードを落として欲しいww(これは俺個人の意見なので)間奏は綺麗ww

4.Waiting Silence

とりあえず入り方がツボ。アングラってメタルの中では聞きやすいかもしれない。Children Of Bodomみたいなデスでもないし、彼ら自身もメロディック・パワーメタルを自称してるし。曲調としては哀愁のある日本の80年代J-POPを髣髴させるサウンドが特徴。なかなかメタルで昔くささをだすのは難しい。

5.Wishing Well

またなんともメタルっぽくないイントロ。勘違いしてる人が多いが、アコギで始まるメタル曲もいくつもある。メタル史上名曲として語られているメタリカの「バッテリー」もアコギからはじまるし・・・この曲は70年代のアメリカ音楽っぽい・・・

6.The Temple Of Hate

これぞメタル!アングラ!ってなサウンドでイントロから楽しませてくれる。曲調はなかなか優秀で、できればずっとこの路線で行って欲しいww

7.The Shadow Hunter

8分超えを果たしたなんともイタリアンな音楽。彼らはブラジル出身のはず!?またイントロだけで1分30秒使っちゃうのがすごいwwアングラが本気で納得のいくバラードを作るとこうなるのかな?サビは盛り上がって「ぎゃあああああああ!!!」とさけびたく!!!!!はならない・・・バラードですから

8.No Pain For The Dead

これまた暗いww涙がこぼれそうなゆっくりな歌いだしもさることながら、全体の雰囲気、そしてサビの悲しみを前面に出したサウンドも圧巻。メタルは、ロックの中でも一番進化したジャンルと言われているけど、バラードこそメタルのよさがわかるのかも・・・

9.Winds Of Destination

イントロが何気に好きなのは俺だけ?ここらへんから友達は同じ曲に聞こえてきたといっていたが、そういう人はメタルは聴けないなぁ・・・静かな所と激しい所のメリハリが楽しめる

10.Sprouts Of Time

メロディックで非常に聞きやすいww明るいのか暗いのかワカラナイがとりあえずバラードで、いい曲なのでみんな聞いてみよう!

11.Morning Star

はじまりのドラム、そしてギターかな?キーボードかな?まぁそのどっちかの合いの手的なサウンドもたまらない。アングラは有名曲とのギャップがハンパないよな・・・

12.Late Redemption

個人的にはここらへんもっとガーッと言って欲しい気がするが、またまたバラード。こういう楽曲をどうあらわせばいいかわからんが、とりあえずほとんどメタルっぽくない(と、俺は思う)

13.Gate XIII

最後のシメは、インストのサウンドオンリー。この後すぐに「Nova Era」を聞きたくなるのは俺だけかなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 7日 (土)

Rebirth

Ribasu ANGRA[Rebirth]★★★★☆

メロディックメタルの最強バンド、アングラ。ボーカルが変わったことが成功に繋がった一枚。コアファンの間ではなかなか評価が高い作品だったけど万人ウケするかと言われれば微妙。次回作はアルバムしても完成度が高かったが、このアルバムは名作「Nova Era」と他の楽曲とのギャップがハンパない。個人的には星五つ、コアファンと一般人の耳を俺っちなりに考慮して星4つにした。

1.In Excelsis

イントロ、ここから「Nova Era」にいくのはやばいです

2.Nova Era

まさしくAngra最高傑作「Nova Era」。メロディック&スピーディで、単品で聴けばHELLOWEENのイーグルフライフリーに継ぐ名曲。ソロ部分も捨てる部分なし。全部聴き所。これを聞いて死ね!

3.Millennium Sun

きれいなピアノの弾き語りから、リズミカルなナンバーへ。聴きどころだらけなので、ぜひどうぞ。

4.Acid Rain

最初からぐぐっと引き込まれる曲で、どんどんダークな世界に弾きこまれるが、曲調がここで!?という所で変わったりする。サビはかっこよすぎ

5.Heroes Of Sand

落ち着いたはじまり。アングラはうるさい曲よりこういうタイプのほうが得意なバンドだったりする。途中でうるさくなるがやっぱりバラード系

6.Unholy Wars [Part I - Imperial Crown] [Part II - Forgiven Return]

シャカシャカと言う音をバックにギターサウンドが始まる。なんかパンクっぽい。いや。ハードロックか!?エアロスミスか!?メロディックなところからスピーディにアングラらしくなってくところが好き

7.Rebirth

このアルバムのタイトルトラック。アコギから始まる心地よく綺麗な曲からガツン!とメタル楽曲へ。なんだかんだで全体をまとめている曲

8.Judgement Day

はじまりのサウンドが良い。綺麗なことはもちろんこの曲は他の曲にくらべてあっさり出来ていて聴きやすい。

9.Running Alone

これもメロディックに、なおかつアングラらしさの出た名曲。前奏が長いのが気に入らないが、他はなんの問題もない。

10.Visions Prelude

悲しげなピアノの語り弾き。純粋なバラードで、このアルバム中で一番いいバラードかも

11.Bleeding Heart

このアルバムのシメは、YOSHIKIのピアノのようなサウンドから繰り出されるバラードで、ボーナストラック。個人的にはトラック10の方がすき。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

MUSIX18!!! | おすすめサイト | 他】このブログの使い方 | 他】すんばらしい話 | 他】ど~でも良い話。 | 他】アーティストについて | 星】★★ | 星】★★★ | 星】★★★★ | 星】★★★★★ | 洋〕→A New Found Glory | 洋〕→Angra | 洋〕→Ataris | 洋〕→Avril Lavigne | 洋〕→Bad Religion | 洋〕→Billy Talent | 洋〕→Blink-182 | 洋〕→Evanescence | 洋〕→Get Up Kids | 洋〕→Good Charlotte | 洋〕→Green Day | 洋〕→Linkin Park | 洋〕→Marilyn Manson | 洋〕→METALLICA | 洋〕→MxPx | 洋〕→Nirvana | 洋〕→NOFX | 洋〕→Oasis | 洋〕→Offspring | 洋〕→Orson | 洋〕→Pennywise | 洋〕→Phantom Planet | 洋〕→Rancid | 洋〕→Red Hot Chili Peppers | 洋〕→Rhapsody | 洋〕→Sex Pistols | 洋〕→Simple Plan | 洋〕→Strokes | 洋〕→SUM41 | 洋〕→Weezer | 洋〕→Yellow Card | 洋〕→Zebrahead | 洋〕ココガガオリジナル | 洋〕~シングル~ | 洋〕~ベストアルバム~ | 邦》→ACIDMAN | 邦》→ASIAN KUNG-FU GENERATION | 邦》→BEAT CRUSADERS | 邦》→BUMP OF CHICKEN | 邦》→ELLEGARDEN | 邦》→GO!GO!7188 | 邦》→GOING STEADY | 邦》→HAWAIIAN6 | 邦》→Hi-STANDARD | 邦》→POT SHOT | 邦》→RADWIMPS | 邦》→SOBUT | 邦》→THE BLUE HEARTS | 邦》→アリス九號. | 邦》→アンティック-珈琲店- | 邦》→ガゼット | 邦》→サンボマスター | 邦》→スムルース | 邦》→ゼリ→ | 邦》→ナイトメア | 邦》→レミオロメン | 邦》→銀杏BOYZ | 邦》→音速ライン | 邦》~シングル~ | 邦》~ベストアルバム~