« Punk in Drublic | トップページ | カラーミーショップ!プロ »

2007年3月30日 (金)

In Utero

In_utero Nirvana[ In Utero ]★★★★★

この「In Utero」は、カリスマ、カート・コバーン率いるNirvanaのメジャー2作目、通算3作目の作品で、前作の「Never Mind」により英雄と祭り上げられ、混乱とその葛藤のなかで完成させたと言われている。前作のように聴きやすく万人ウケする一枚と言うよりは、自分の叫びを感情の限り詰め込んだようなアルバム。叫びに叫ぶ「Scentless Apprentice」、「Milk It」や、ワイセツで下品な「Tourette's」、さらには名曲「Serve the Servants」や、契約を無視し、いきなりTVの前で歌いだしたと言う「Rape Me」、乱雑に巻き散らかした曲たちを最後にビシッとまとめる「All Apologies」など、とにかく個性派勢ぞろい。最高の適当、人間くさいんだけどその中に何か希望があるようなこの作品。聴いてみてください。

|

« Punk in Drublic | トップページ | カラーミーショップ!プロ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/40334/5915411

この記事へのトラックバック一覧です: In Utero:

« Punk in Drublic | トップページ | カラーミーショップ!プロ »