« Filth in the beauty | トップページ | サンボマスターは君に語りかける »

2006年11月18日 (土)

ELEVEN FIRE CRACKERS

Eleven_fire_crackers_1 ELLEGARDEN[ELEVEN FIRE CRACKERS]★★★★★

人気爆発中のELLEGARDEN、5作目「ELEVEN FIRE CRACKERS」。中身は相変わらずのメロコア基調の、エモ入りの、パンキッシュ風味なサウンドとグランジ色の強い歌詞。(初期よりは押さえられている)いつもと変わらない路線なのだが、サウンドがより良質になっていい感じww激しい中に何か悲しさを感じるタイトルトラック「Fire Cracker」、細美いわくエルレの最高傑作「Space Sonic」、”うるさい”と”綺麗”の奇跡的融合作品「Gunpowder Valentine」、何かを訴えかけるロックナンバー「Salamander」など、いい曲を挙げれば全曲すばらしいとしかいえない!!だけど、なんていうか今までのアルバムではなにか”パンク”を感じさせるものがあったのだが、今回の作品はそれがなくなり万人ウケするような出来になっている。別に悪いことじゃないんだけど、なにか寂しい・・・

1.Opening

ダークで、ギターのノイズのようなイントロ

2.Fire Cracker

イントロから爆発するタイトルトラックww綺麗な歌いだしから、徐々にペースアップしていき、サビはブワッとエモーショナルなサウンド・・・かっこよすぎ・・・

3.Space Sonic

シングル。俺がELLEの中で一番好きな曲。もう始まりから終わりまで全部が聴きどころ。信じられません・・・だんだんスピードアップしていきなり綺麗で静かなところが出てきたり、サビでいきなりドカァァァァァ!!!きゃぁあああああああああって感じ。短く例えるなら「綺麗ロック」

4.Acropolis

ここちいいギターリフをバックに、静かで気持ちいいサウンドを展開。この曲のサビも綺麗な感じです。なんかこんな感じの曲最近エルレ多いね。。いや、悪い意味じゃなくて、いい意味でね。間奏が心なしか弱い気が・・・

5.Winter

言うまでもなく「冬」。最初タイトルを見たときバラードかと思ったけど、違うね。同じテンポで英語の歌詞と日本の詞が交じり合います。最初はなんと思わなかったけど、聴いてるうちにすげぇ味が出てきて、「あぁ・・・これいい・・・」と思う曲ww

6.Gunpowder Valentine

かっこいいメロディアスでスピーディなイントロから、オモチャ箱を倒したような歌が展開。かとおもったら、王道の綺麗なサビで、ちゃ~んとまとめてきましたww

7.アッシュ

ここにきてもスピードを一向に落とす気配がない。いい傾向ww一定のリズムとサウンドから、味のあるサウンドで”聴かせるロック”を展開wwはんぱねぇww

8.Salamander

6thシングル「Salamander」。これも単純で聴いていて飽きない作りになっていてサビがハンパないwwwアルバム先行発売で、つまりこのシングルが発売されている頃にはアルバムの構成は完成していた。(レコーディングはわからないけど)

9.高架線

綺麗で、なにか優しいバラード。なにかリズムがいいwwサビに入るのがいいんだけど、とても綺麗でかわいい感じのフレーズ。けど、歌詞はなんだろう・・・なんか良くわかんないけどいい曲です

10.Alternative Plans

シングル「Salamander」のカップリング。静かでこもったはじまりからサウンドも安定し、メロディアスなサビを織り交ぜた完成度の高い作品。

11.Marie

スピーディできき応えのある「Eleven Fire Crackers」のシメ。サビはかなりメロディアスでかっこいい・・・収録時間が短いよぉ・・・(実際ふつう)

|

« Filth in the beauty | トップページ | サンボマスターは君に語りかける »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/40334/4232262

この記事へのトラックバック一覧です: ELEVEN FIRE CRACKERS:

» ELEVEN FIRE CRACKERS [1-kakaku.com]
ほとばしるパワーを前面に押し出し、J-インディーズファンに留まらず広い層に支持を得た前作『RIOT ON THE FRILL』から1年半。 急激にミュージック・シーンの中で持ち上げられる事に、戸惑い、苦しみ、葛藤し、そしてその中から揺ぎ無いものを得たELLEGARDEN待望のニュー・アルバムが遂に登場。 直前のシングルとなった「Salamander」はメジャー・シーンに媚びる事無い彼ら本来の曲作りでありながらも、オリコン・チャート初登場3位という記録を打ち立てた。 今作は不器... [続きを読む]

受信: 2006年12月11日 (月) 03時47分

» ELEVEN FIRE CRACKERS [1-kakaku.com]
ほとばしるパワーを前面に押し出し、J-インディーズファンに留まらず広い層に支持を得た前作『RIOT ON THE FRILL』から1年半。 急激にミュージック・シーンの中で持ち上げられる事に、戸惑い、苦しみ、葛藤し、そしてその中から揺ぎ無いものを得たELLEGARDEN待望のニュー・アルバムが遂に登場。 直前のシングルとなった「Salamander」はメジャー・シーンに媚びる事無い彼ら本来の曲作りでありながらも、オリコン・チャート初登場3位という記録を打ち立てた。 今作は不器... [続きを読む]

受信: 2006年12月27日 (水) 06時11分

« Filth in the beauty | トップページ | サンボマスターは君に語りかける »