« LAST OF SUNNY DAY | トップページ | GROWING UP »

2006年10月23日 (月)

Pinkerton

Pinkarton Weezer[Pinkarton]★★★★★

親日家リヴァース・クオモを中心に集まったオルタナティブバンドWeezerの2ndアルバムがこの「Pinkarton」。とにかく日本人でもわかりやすい歌詞と”軽い情熱”サウンドが魅力で、脱力した「Tired of Sex」、純ロック「Getchoo」、シンプルかつ最強のWeezerソング「The Good Life」、「Pink Triangle」など、ていうか悪い曲が無いっていう代物。何度も聴けば聴くほどいいアルバムですww

1.Tired of Sex

ドラムサウンドが目立つイントロから、震えた声で歌い上げる。叫ぶ所もいい感じ。歌詞はモテまくりの男が、モテすぎてイヤになる話。終わり方が彼ららしい。ていうか日本人っぽい。

2.Getchoo

悲しく歌い上げるちょっとロック色の強いバラード。Weezerはこういう曲を得意としてるバンドで、これはかれらの実力が見れる曲

3.No Other One

叫んで始まるがスローペースの楽曲。サビは涙が出そうになるwwなんていうか、エモなJ-POPを英語でパンクにした感じ???こりゃあいいねw

4.Why Bother

始まり方がすきwwアップテンポのリズミカル&元気が出るナンバーで聴きやすい。すげぇキャッチーで、これも名曲だなww

5.Across The Sea

静かなイントロから神秘的な歌声(低いけど)とパンクなギターサウンドでお届けするなきメロ。イエローカードを雑にした感じ!?最後のドラムがかっけぇよ

6.The Good Life

これは名曲ww青春映画のBGMで流れてそうな爽やかサウンドから、ゆっくりでしっとりとしたサウンド、そして大サビと、こりゃあヤバイ。ていうかおめぇらすげぇよ・・・

7.El Scorcho

うがい(!?)みたいな音から、ポップな歌声で歌い上げる脱力ソング。と思ったらサビは痛快。スピードアップする所なんかもう・・・あぁああああああああああ!!!!!!

8.Pink Triangle

リヴァース・クオモという人間は、ある一つの感情を一曲にまとめることがうまい。この曲の(歌詞はともかく)サウンドは彼の作った曲の中でも大人なつくりになっている。

9.Falling For You

「Pink Triangle」から続く、愁い曲。クオモは量産型の作曲家ではないようです。メロディックだが、あんたならもっといいの作れるよといいたくなる、何か惜しい作品

10.Butterfly

アコギサウンドで奏でるこの「Butterfly」は、まぢ泣けます。これが泣き虫ロックと呼ばれたあんたらの実力か!といいたくなる。

|

« LAST OF SUNNY DAY | トップページ | GROWING UP »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/40334/3933816

この記事へのトラックバック一覧です: Pinkerton:

» 包茎手術は本当に必要なのか? [包茎の悩みは手術なしで解決できます。]
こうやって振り返ってみると三ヶ月という時間はアっという間で、ほんの三ヶ月前までは包茎で悩んでたんだというのがなんだか不思議なふいんきです。 この三ヶ月程の間は、三歩進んで二歩下がるという表現がよく似あう期間でした。 ですがちょっとずつ良くなって来ていると自らも理解していたため不思議と楽しい時だったとも言えましょう(笑)... [続きを読む]

受信: 2006年10月24日 (火) 00時29分

» ハッとして!Good [百合]
トシちゃんの歌ではございませんよ(笑)昨日、電車に乗ってたら久しぶりに痴漢にあった。痴漢なんて久しぶり。昔は痴漢をするような男なんて最低とか思ってたけど溜まってるせいかちょっとグッときちゃった(笑) [続きを読む]

受信: 2006年10月26日 (木) 21時32分

« LAST OF SUNNY DAY | トップページ | GROWING UP »