« 2006年8月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月30日 (月)

Waste Of MFZB

Waste_of_mfzbZebrahead[Waste Of MFZB]★★★★☆

2004サマソニ出演&来日記念盤として、激レア未発表曲ばかりをコンパイルしたスペシャル企画盤。日本人だけの作品のわりに、中身がすげぇ豪華。未発表曲9曲と、なぜか3rdアルバムからスパイスガールズの「Wannabe」のカバーが収録されている。

1.Are You For Real?

気持ちいギターサウンドとドラム、ベースのバンドの定番のスタイルで演奏が進行されていき、サビで一気に爆発するwwこれはかっこいいww

2.Let Me Go

HIPHOPでいいノリで進行して行くwwメロディアスでフレーズもかっこよく、聴き所満載ww

3.One Less Headache

これも明るくポップな感じ。でもそれほどハジけてないっていうか、すこし遠慮しがちな気がする。でも彼らには十分楽しませてくれる力があるのは事実。

4.Burn The Shcool Down

始まりかっこいい。全体的に完成度が高いなぁと思うよこれ、ラップはとくにヤバイwwバックサウンドもバンドっていうよりユーロよりな感じ。

5.Lightning Rod

ここで泣きメロ。ゼブラヘッドは元気いっぱいのおバカ・ミクスチャーバンドとして有名だけど、「Playmate of the year」や「MFZB」にもしっかりとした真面目でカッコいい曲はあった。この曲はそれの類で、”マジメ”カッコいい”がどっちとも揃っている

6.Blindside

落ち着いたA,Bメロで力をためてサビで爆発させる感じ。これもどちらかというと”真面目”路線で、単純にカッコいいミクスチャー・ロックを聴かせてくれる。いやぁいい!ww

7.Veils And Visions

完璧なまでのエモーショナル・ロックを展開。かっこいいwwギターサウンドはもちろんのこと、この声がこういう唄を完璧にするとは思わなかったww

8.One Shot

ここでやっとゼブラヘッドらしいポップな曲がきたwwでもまだ完全にやりきってないww

9.Timing Is Everything

エモっぽいギターリフから一気にハジケるwwこれもやばいなぁ。サビよりそのほかの部分のほうが爆発してて好きなのは俺だけかな????

10.Wannabe

ベッカムの奥さんヴィクトリアの昔組んでたユニット、スパイスガールズのカバーwwかなりノリノリでやばすぎwwていうか聴いててマヂ楽しいww

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2006年10月29日 (日)

ファンクラブ

Photo ASIAN KUNG-FU GENERATION           [ファンクラブ]★★★★☆

名前にもある”アジア”で大人気のアジカン。特に中国で爆発的な人気を誇る彼らの四作目がこの「ファンクラブ」。普遍的名曲「ブラックアウト」、アジカン初のロック・シングル「ワールドアパート」、すげぇメロディアス・フレーズをはなつ「路地裏のうさぎ」、悲しきエモロック「バタフライ」など、とにかくアジカン節炸裂。ほとんどいい曲。やばい。聴け。

1.暗号のワルツ

ここちいいドラムとオルゴールのようなサウンドでイントロを飾り、そこに後藤さんの声が絶妙にマッチ。サビは壮大で聴き所満載。すこし間奏が長すぎる気もするが、別に気にならない程度なのでこれは名作だと思います。

2.ワールドアパート

彼らの8作目のシングル。ファンから「作風が変わった」と言われ続けた彼らが初期の音源を意識して作詞作曲した曲で、歌詞はアメリカ同時多発テロをイメージして書かれている。今までのシングルに比べれば一番ロック色が強いです。

3.ブラックアウト

名曲。なんとも劇場的なエモーショナルロックを届けてくれる曲です。日本人こういうの大好きだよねww自分はパンクを中心に聴くからこういう長い曲はすぐ飽きちゃうんだけど、この曲は単純にいい曲で何度聴いてもヤバイww

4.桜草

最初のギターのカッティングがすげぇ聴いてて気持ちいいwwサビもぐわって来てカッコいい。静かになるところもメッチャかっけぇ。

5.路地裏のうさぎ

アジカンにしては短い曲。サビとかすげぇハード・エモーショナル・ロック!!って感じでかっこいい曲。これは短くて正解だねww

6.ブルートレイン

7thシングル。イントロだけで聴かせられるようなサウンドから後藤さんの歌につながり、単純にかっこいいwドラムパートがかなり難しいため、アジカンメンバーがレギュラー出演しているラジオ番組内で「これのドラム出来る奴は音源送って来い」と募集している。

7.真冬のダンス

始まりのドラムサウンドがナイス!wwなんかかなり渋い。バックのサウンドが心地いいwwライブでどうやってパフォーマンスするのかな?

8.バタフライ

ドラムサウンドがここちいいイントロ。神秘的なサウンドを作るがアジカンは本当に上手い。この曲は純粋にかっこよくて好きwwサビのところとかもう最高。

9.センスレス

一定のリズムでサウンドと歌詞に共有される雰囲気がなんともアジカンっぽい。さうんどの作り方とか洋楽のパンクバンドが良く使う方法に似ている。

10.月光

シングル「ブルートレイン」のカップリング。ピアノで演奏するイントロ。始まり方が大好きww

11.タイトロープ

このメタリックなギターリフいいねww曲調は脱力した感じで、壮大なサウンド。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年10月28日 (土)

Love Is a Battlefield

Love_is_a_battlefield Hi-STANDARD[Love Is a Battlefield]★★★★★

ハイスタが活動休止する最後にリリースした音源。四曲入りのマキシで、もう全部がヤバイ。聴くものをひきつける一曲目、最強のカバーの2曲目、ハイスタ節MAXの3曲目、プレスリーの名曲を完璧にハイスタのモノにした4曲目。一曲一曲の個性が強くて、単体で聴くもよし、全部まとめて聴くもよし。とにかく日本メロコアの一時代を築いたハイスタを肌と耳で感じよう!

1.This Is Love

綺麗なサウンド、綺麗な声。ハイスタに不可能はない!!!!サビもいいが、個人的にはその他の部分の方が好き。

2.My First Kiss

名曲ですねぇ「初めてのチュー」のカバー。これは純粋な名曲。聴かなきゃ損。これを聴かずしてハイスタを語るべからず。

3.Catch a Wave

綺麗なコーラスからはじまるスピード手加減なしのメロコアパンク。途中のコーラスうけるwwていうか前奏で半分ってどういうことだ!?

4.Can't Help Falling in Love

「ん?パンク?」という出だしから「イェー!!」ではじまるww綺麗なサウンドで全体のまとまったいい曲wプレスリーカバー。名曲です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

崩壊アンプリファー

Photo_1 ASIAN KUNG-FU GENERATION     [崩壊アンプリファー]★★★☆☆

アジカンの1stアルバム「君繋ファイブエム」。そのヒットの勢いをそのままつめた初となる6曲入りミニアルバムがこの「崩壊アンプリファー」。ロックで神秘的なサウンドで今回も魅了してくれる。個人的にはベースサウンドがかっこいいエモロック「遥か彼方」。心地いいロックバラード「青の歌」、メロディアスでのノリのいい「サンディ」がお気に入りww

1.遥か彼方

ベースのひっくいサウンドからギターも加わったロックテイストの強いイントロから、後藤さんのパワフルな歌声が響く!とにかくかっくいい!!!!

2.羅針盤

これもテンションの高いロック色のつよいサウンド。でもやっぱりエモーショナルな部分もしっかりあって、すごい聴きやすいですww

3.粉雪

今度はちょっとスローペース(そんなでもないけど)の”聴かせる曲”。意外に音を多用しすぎだと思うのは俺だけ??

4.青の歌

これも”聴かせる”曲。メロディアスでキャッチーなフレーズが耳から離れないwwサウンド自体は今のアジカンよりもやっぱり未熟。でもそこがすげぇいいww

5.サンディ

ドラムからはじまるロックなイントロ。ちょっとGO!GO!7188チックで”和”な曲調からサビで爆発wwかっこいいwwタイトルと曲調のギャップが凄いww

6.12

このミニアルバムのシメ。歌い方がカッコいいwwていうかこんなにもこういうサウンドがしっくりくるバンドってあんまりいないよねww

| | トラックバック (1)

Sons Of Bitches United & True

Sons_of_bitches_united_true SOBUT[Sons Of Bitches United & True]★★☆☆☆

男気溢れる汗臭いメロディック・ハードコア・バンドSOBUT。これは彼らのインディーズ時代最後の音源で、通算2作目。メロディック・ハードコアの”ハードコア”の部分だけとったようなメチャクチャぶりで、聴いていて気持ちいww小細工なしの硬派パンクを聴きたい人はどうぞお試しアレw

1.No Breathing Space

心地いいギターサウンドと叫びwwノリとリズムのダブルでゴリおし進めていき、一気にスピードアップ!本当に小細工なしで、聴いててスカッとする。イヤまぢでww

2.The Devil's Own Luck

かっこいいww「oh wanna go♪」ってハモって(ないか?)。すげぇなぁおい

3.Triumph★high, go, vicious★

ドラムの音から始まる汗臭いロック!!ギターリフがはんぱなくかっけぇwwこの硬い力でメロコアを歌われるともうしびれますww

4.Old Blood

イントロが”マトモ”でかっこいいwwリズムよく叫び、サビはかれらの王道「みんなで叫べ!」ww

5.Shades

これも盛り上がるwwwこんなにハードでかっこいいパンクなのに歌詞は意外に綺麗ww

6.Eternal Blue

おっ!?泣きメロ!?と思うがやはり途中から良質なハード・ロックwwサビが叫びまくりでかっくいいww終わりのドラムもハンパねぇなぁww

7.Before Everything

シブい音ではじまるこのアルバムには珍しいメロディック押しの曲。いい曲だが、やはり個人的にはノリと叫びで突っ走っておしいなww

8.Fuck The Police

サビの「Fuck the police!!!!」と叫ぶ所がかっけぇwwよほど警察にはお世話になったんだろうwwメチャクチャに思えるが、意外にメロディがしっかりしているところが凄い

9.From Far East

このアルバム最後にやっと真面目なメロコアを披露wwメチャクチャ硬派でかっこいい!!!最後の大サビでメッチャ盛り上がるのは反則www

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年10月27日 (金)

MAKING THE ROAD

Making_the_road Hi-STANDARD[MAKING THE ROAD]★★★★★

日本パンク界に激震をおこしたハイスタの「MAKING THE ROAD」。日本が世に送り出せる名盤中の名盤で、この一枚でもうハイスタの実力が全部知れる。個人的にすきなのは「STAY GOLD」・・・いや、ここで例を挙げる必要はない!全部いい!この曲が好きじゃなくて、このアルバムが好き!!!

1.TURNING BACK

ドラム連打からはじまるテンションマックスの曲!

2.STANDING STILL

MxPxのような疾走感、爽快感抜群のアップナンバー。聴いてて気持ちいねww余計なのが入ってないしww

3.TEENAGERS ARE ALL ASSHOLES

ドラム音が心地よいドラム音とやる気のない歌声wwメロディックなサウンドもしびれるね!よいよいww

4.JUST ROCK

ロックなサウンドに叫び声を乗せてどうぞww曲調が変わって、ほうほうと聴いているといつの間にか終わってる・・・

5.DEAR MY FRIEND

ここに聴かせてくれる曲を持ってくるのがニクイwwサビもすげぇ気持ちいいし、全部聴き所。

6.STAY GOLD

また来た名曲!最初から最後まで一気に聴ける!個人的にはこのアルバムの中では一番好きかも・・・最後のサビ最高・・・

7.NO HEROES

ちょっと暗めのサウンドではじまる。これは普通にかっけぇ。やべぇ聴け。やべぇ・・・ていうかサビも凝ってるし・・・う~ん、いいんだって。

8.GLORY

これは始まり方がヤバイですwwサビもノリ重視でヤバイwww「あ~あ~あ~♪」のところも何気に好きですww

9.PLEASE PLEASE PLEASE

ここにきて正統派パンクで攻めてくるのがさすがといいたい。ハイスタはメロコアの引き出しがなんとも広い。

10.GREEN AGRES

始まり方がなんともファンキーでいいww途中の女の子の声もいいけどたった54秒しかないww

11.CHANGES

まとまってますw一時代をきずいたハイスタには駄作は一曲もないのだろうか・・・

12.MAKING THE ROAD BLUES

前奏がやばいww叫びまくりでロックしまくりwwすこしBad Religionに似ている気もするが、まぁ気にしない②最後は「マザーアンドファッカー」って歌ったり、メタルっぽいww

13.TINKERBELL HATES GOATEES

ここにきてすこし休憩。ギター&ベースサウンドなしのハワイアンなインスト

14.LIFT ME UP DON'T BRING ME DOWN

休憩で力を蓄えたらこの曲でノリノリになろうwwハイスタのどの曲にも言えることだが、ノリがピカイチww

15.PENTAX

パンクですww気持ちいですww最高ですwww最後面白いですwww終わるの速いですwww

16.NOTHING

聴いていていい感じにクセがついていて純粋に楽しめるパンク。聴いていて不快感を持たせる曲が一曲もねぇってすげぇよ。

17.MOSH UNDER THE RAINBOW

このアルバム中もっとも長い曲。始まりは低い声でなんか話しているが、始まりはなんともメルヘンチックwwサビも今度はノリでなくてフレーズ重視でいい感じwwコーラスもいい味出してますww

18.STARRY NIGHT

純粋なメロコアパンク。スピードもちょうど良くて最高ですだ。

19.BRAND NEW SUNSET

「MAKING THE ROAD」のシメにハイスタが用意したのが、このしっとりとしたパンクを聴かせてくれる「BRAND NEW SUNSET」。完成度高いです

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年10月26日 (木)

Angry Fist

Angry_fist Hi-STANDARD[Angry Fist]★★★★☆

メロコア日本代表選手ハイスタの2nd(通算3作目)。スカッとするパンクだが、1stより断然アツい!ノリのいい「FIGHTING FISTS,ANGRY SOUL」、単純にカッコいい「STOP THE TIME」、完成度の高いスピーディなメロコア「CLOSE TO ME」、コミカルな「MY SWEET DOG」、ノーランズカバー「GOTTA PULL MYSELF TOGETHER」などキラーチェーンMAXの作品。

1.START TODAY

始まり方がいいねwwスピーディ&メロディックで1:10を駆け抜ける!

2.ENDLESS TRIP

サビがツボです。ギターサウンドとドラムサウンドが心地よいコラボしています。そんなにスピーディではないけど、これはこれでハイスタらしさが出てていいと思う。(僕も!)←誰だ?

3.FIGHTING FISTS,ANGRY SOUL

メロディックで、良質なフレーズ、ノリが天下一品wwこれカラオケで歌ったらテンション上がるだろうなぁww間奏のところがすきww

4.SHY BOY

2ビートでスピーディに歌い走るww元気良すぎwwかっこよすぎww

5.MY HEART FEELS SO FREE

綺麗なサウンドをバックに、落ち着いたパンクを展開。スピードアップするところもあるが、全体的には落ち着いて”聴かせる”パンク。

6.STOP THE TIME

前奏のフレーズがたまらないし、全体的に完成度がハンパなく高い作品wwサビがちょっと変えて欲しいとか思っていたこともあったが、今はこれしかない!と思っております

7.HAVE YOU EVER SEEN THE RAIN

良質でスピーディなメロコア。いいねぇww十分洋楽パンクにも通用する作りになっていて、聴いて満足感があるww

8.MY SWEET DOG

犬の鳴き声から始まるかわいらしいパンクwwハイスタは楽しんでるのが伝わってくるからすごい好きww

9.SPREAD YOUR SAIL

ノリ・メロ重視の破壊作wwwやばいなぁこれも・・・個人的には終わり方がすきww

10.PATHETIC MAN'S SONG

前奏のドラムサウンド、ギターベースのノリがハンパねぇww全部メロディアスなフレーズのノリで引っ張ってくとこがすごい。ハイスタにしてはスピードは遅めだが、味のある作品。

11.GOTTA PULL MYSELF TOGETHER

ノーランズの名曲をカバー。これもいいねぇwwハイスタの音の使い方は前作で確立され、今回で進化したんだよ。君。←だれだよ

12.CLOSE TO ME

これもかっけぇ!スピーディでメロディアスなのに、なにか深い味のある音はさすが。よくこんだけの名曲を生み出せるもんだよ本当に。

13.SUNSHINE BABY

はじまりのコーラスがポップで気持ちいいwwこれいいなぁwwフレーズ重視です

14.THE SOUND OF SECRET MINDS

この名作のシメを飾るのが、この「THE SOUND OF SECRET MINDS」。スピードは普通。メロディ普通。フレーズやばい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

早く起きた朝は。

早く起きてしまいました。

まだ学校に行く時間まで4時間くらいあったので、とりあえずNew Found Gloryを聴きました。











良い(はあと)ww

彼らの爽快感のあるサウンドを聴いてたら、Weezerが聴きたくなって、とりあえず「Pinkarton」を聴く。











良い(はあと)ww

パンクってすばらしい。(Weezerはパンクじゃないか!?)

ってことでなんだかんだで二時間。ぼーっとこんな事書いている俺は超暇人。

最近CD大量に買い込んだから金もないし、しかたないから家でブログ更新してるんだよねぇ・・・

・・・







・・・・







・・・・







・・・・・・・







5_haa











(;*△*;) !!

ごめん・・・仕方ないなんて言っちゃだめですよね。はい・・・はい・・・すいません・・・はい・・・もうしません・・・いや、そんなことは・・・え?・・・あぁ・・いや・・・はい・・・でも、それは、早く起きてやること無いから・・・はい・・・はい・・・すいません・・・はい(説教中)

はぁ・・・怒られてしまった

このサイトのレビューも大分たまってきたけど、見てる人が増えない・・・(;;)

みんな嫌いだぁ!!!

でもみてねww

ブログランキング↓

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年10月25日 (水)

FLAME VEIN

Flame_vein BUMP OF CHICKEN[FLAME VEIN]★★★★☆

日本を代表するエモーショナルロックバンドBUMP OF CHICKENの2nd。毎回良質な激情ロックを聴かせてくれる彼ら。この「FLAME VEIN」もまた同じことが言えるが、特に「ガラスのブルース」「アルエ」は名曲中の名曲。アルバムのタイトルはカッコいいのに曲は純エモっていう問題児。

1.ガラスのブルース

ガラスのブルース。とりあえず、BUMPで好きな曲を周りの人に聞くと10人中3人くらいが「俺好きだよ」という名曲(微妙)前奏がジャッジャッジャッとはいって、藤原さんの「ガラスの目をした猫は歌うよ♪」って歌が入ってくる瞬間がたまらないww全体的に盛り上がる所はサビぐらいだけど、落ち着いていて元気のでる曲なのでBUMPファンでなくても聴くべき。

2.くだらない唄

かわいいギターリフからここちいい歌声でお送りする、決してくだらなくないが「くだらない唄」。二回目のAメロでハモるところがツボwwこれも特にハジケてるわけでは無いが元気がでる。

3.アルエ

すこし前奏が「ガラスのブルース」に似てるwwBUMPをあまり知らない人でもこれくらいは知ってるんじゃないかな?「ハートに巻いた包帯を~♪」ってフレーズを良く思いついたね・・・。ちなみに噂では、エヴァンゲリオンというアニメのキャラクターの事を唄った歌らしい。

4.リトルブレイバー

爽やかでエモーショナルなイントロと、日常どこにでもありそうでない歌、歌声。BUMPはとにかくこういった曲を書くのが上手いww

5.ノーヒットノーラン

心地よいサウンドと耳にすんなり入ってくる藤原さんの声がこの曲の魅力。サビのコーラスも凄く綺麗。とりあえず朝起きてすぐに聴きたい歌。途中でベースのブルースも入るがそこら辺もまたいいねww

6.とっておきの唄

始まりが大好きです。BUMPは本当に日常とか、何気ない恋愛を描写するのが上手い。そんな想いのこもった歌詞に曲をつけるのが神業級です

7.ナイフ

このアルバムのシメを飾るのは旅だしの「ナイフ」。何気なく聴けるこの曲は藤原さんなりのこだわりが所々に感じられる。たとえば曲の所々にはいるコーラス。バックのギターサウンドのカッキッング等、「うまいなぁ」と思わせる作品。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月24日 (火)

GROWING UP

Glowryyup Hi-STANDARD[GROWING UP]★★★☆☆

ハイスタの2nd「GROWWING UP」は、相変わらずのスピーディ&メロディック。前作より適当感がなくなって、しっかりと曲作りしている。さらにこのアルバムの魅力はカバー曲「CALIFORNIA DREAMIN`」のかっこよさと、「SATURDAY NIGHT」のノリの良さにもあるだろう。

1.MAXIMUM OVERDRIVE

リズミカルでメロディアスなサウンドにい~い声。いいねぇww

2.LONELY

こんなドラム好きねwいい曲。この曲をハイテンションパンクとして出しちまうのがすげぇwww途中のギターサウンドが好きですねぇw

3.SUMMER OF LOVE

アップテンポなハイテンションチェーンwwいい速さでうっとりしますwwこのサウンド聴くと「幸せ(はぁと)」wwってなる

4.SINCE YOU BEEN GONE

Kelly Clarksonのカバー曲。なんかよくわからないがいい曲。曲テンポが微妙にアレンジしてあり、楽しみながら聞けるアップナンバー。

5.WAIT FOR THE SUN

ハイスタにとってアップテンポの曲なんてのはもう得意中の得意で、とにかく輝けるジャンルの曲なワケだが、この曲の場合明るい中に何か深さがある。リズミカルなギターリフをきいただけでもそれは一目瞭然だしねww問題はフレーズ。もうすこしがんばってほしかったが・・・

6.TELL ME SOMETHING,HAPPY NEWS

気持ちのいいギターサウンドから、元気よくつっぱしったり、いきなり普通にはじめたりするメチャクチャだけど、彼らなりの真面目さも感じられる作品

7.GROOVY CREW

ゆっくりなコーラス曲から一気にペースアップして心地よいメロディアスなサウンドを聴かせてくれるwとおもったらペースダウンしたり、なんだこれ?www

8.SATURDAY NIGHT

始まり方最高wwあのベースティ・ローラーズの名曲「SATURDAY NIGHT」のカバー曲で、あの歌をここまでパンキッシュにするとはさすが。ハイスタはカバー曲のクオリティが高い!

9.CALIFORNIA DREAMIN`

The Mamas & the Papasの「夢のカリフォルニア」のカバー曲。とりあえずカッコいい。「SATURDAY NIGHT」から心機一転して真面目な曲。ハイスタらしくなくてつまらない・・・と思ってなめるなかれ。ちゃんと途中からパンクソングになっていて、味のあるギターリフとか、しっかりと聴かせてくれます!

10.SELFISH GIRL

ハイテンションとローテンションのメリハリをお楽しみくださいwwすこし乱暴すぎww

11.I`M WALKIN`

ノリのいいギターサウンドからはじまるハイスタ得意のメロディック・ハイテンポソング。

12.NEW LIFE

いい感じのベースソロからポップなメロコアを聴かせてくれる一曲wwテンション高めで聴きやすいww

13.KISS ME AGAIN

真面目なメロコアサウンドで前奏をすませ、真面目な歌で進行する、真面目なメロコアソング。

14.IN THE BRIGHTLY MOONLIGHT

ダウンペースから入って、ハイスタサウンドで突っ走る!ノリの良さとメロディアスなサウンドでゆっくりになったりペースを上げたり、完成度の高いパンク。

15.GROWING UP

このアルバムのタイトルトラック。バックサウンドは、どこかで聴いたことのある名曲ww歌は完全なハイスタ節爆裂のメロコアww

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年10月23日 (月)

Pinkerton

Pinkarton Weezer[Pinkarton]★★★★★

親日家リヴァース・クオモを中心に集まったオルタナティブバンドWeezerの2ndアルバムがこの「Pinkarton」。とにかく日本人でもわかりやすい歌詞と”軽い情熱”サウンドが魅力で、脱力した「Tired of Sex」、純ロック「Getchoo」、シンプルかつ最強のWeezerソング「The Good Life」、「Pink Triangle」など、ていうか悪い曲が無いっていう代物。何度も聴けば聴くほどいいアルバムですww

1.Tired of Sex

ドラムサウンドが目立つイントロから、震えた声で歌い上げる。叫ぶ所もいい感じ。歌詞はモテまくりの男が、モテすぎてイヤになる話。終わり方が彼ららしい。ていうか日本人っぽい。

2.Getchoo

悲しく歌い上げるちょっとロック色の強いバラード。Weezerはこういう曲を得意としてるバンドで、これはかれらの実力が見れる曲

3.No Other One

叫んで始まるがスローペースの楽曲。サビは涙が出そうになるwwなんていうか、エモなJ-POPを英語でパンクにした感じ???こりゃあいいねw

4.Why Bother

始まり方がすきwwアップテンポのリズミカル&元気が出るナンバーで聴きやすい。すげぇキャッチーで、これも名曲だなww

5.Across The Sea

静かなイントロから神秘的な歌声(低いけど)とパンクなギターサウンドでお届けするなきメロ。イエローカードを雑にした感じ!?最後のドラムがかっけぇよ

6.The Good Life

これは名曲ww青春映画のBGMで流れてそうな爽やかサウンドから、ゆっくりでしっとりとしたサウンド、そして大サビと、こりゃあヤバイ。ていうかおめぇらすげぇよ・・・

7.El Scorcho

うがい(!?)みたいな音から、ポップな歌声で歌い上げる脱力ソング。と思ったらサビは痛快。スピードアップする所なんかもう・・・あぁああああああああああ!!!!!!

8.Pink Triangle

リヴァース・クオモという人間は、ある一つの感情を一曲にまとめることがうまい。この曲の(歌詞はともかく)サウンドは彼の作った曲の中でも大人なつくりになっている。

9.Falling For You

「Pink Triangle」から続く、愁い曲。クオモは量産型の作曲家ではないようです。メロディックだが、あんたならもっといいの作れるよといいたくなる、何か惜しい作品

10.Butterfly

アコギサウンドで奏でるこの「Butterfly」は、まぢ泣けます。これが泣き虫ロックと呼ばれたあんたらの実力か!といいたくなる。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年10月22日 (日)

LAST OF SUNNY DAY

Last_of_sunny_day Hi-STANDARD[LAST OF SUNNY DAY]★★☆☆☆

横山健(G)、難波彰浩(V&B)、恒岡 章(Dr)から成る日本のメロコアインディーズ界の国宝Hi-STANDARD。とにかく凄い彼らの記念すべきデビューEPがこの「LAST OF SUNNY DAY」で、ハイスタの特徴である、速い、シンプル、メロディックの三拍子がほとんど見られないww自分はもっと後の作品から聴いたのでこんな評価になったけど、聴く人が聴けばもっといいのかも。ハイスタは確かにレベルのたかいメロコアバンドだけれど、彼らは決して天才ではなく、今の地位を努力で築いたんだなぁと肌で感じれる作品。

1.WHO'LL BE THE NEXT

焦らず聴ける一曲ww途中でスピードアップするけど、そこもいいww

2.DIGGING UP THE GROUND

始まり方がかっけぇwwずっと一定のスピードでさけんでますww途中でビブラートなんか入ったりして・・

3.SUNNY DAY

とにかくメロディック。演奏が荒いのが気になるが、またそれはそれでルーキーらしくていいねww

4.FALL

パンクというよりロックといった感じ。最後の方に比べてまったくスタイルが変わっているww

5.YOU AND ME

難波さんの声、横山さんのギター、すべてが未熟なのだが、このフレーズは良いwwこの中で一番かな?

6.HEAD OVER HELLS

やりたいことをすべて詰め込んだような曲ww元気ですww

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年10月20日 (金)

BEGINNINGS

Bigininngu_2 HAWAIIAN6[BEGINNINGS]★★★☆☆

いい音、いい歌詞を毎回届けてくれるHAWAIIAN6。今回の「BEGINNINGS」も同じ事が言えるが、やはり前回と変わらない路線。最初は哀愁パンクでいいなぁ・・・なんて思っていたが、ある意味まったく進化していないといえる。いいアルバムだけど、これからの期待も入れて星三つ。

1.THE LIGHTNING

はじめま方が小細工なしでいい!途中の声の掛け合いみたいなところが大好き!サビの「ラナウェイ~♪」のところは一緒に歌っちゃうねぇww

2.EVERYBODY HAS THE DEVIL ON THE INSIDE

悲しい感じで歌うのが本当に大好きなHAWAIIAN6。もうちょっと「MAGIC」みたいな曲をたくさん期待してるが、まぁこれはこのバンドの特徴なのだろうwwこの曲もわるくないねwwサビとか大好きだし!

3.GOODBYE YESTERDAY

でました!個人的に歌いだしからすきなんだけど、俺だけ?しっかりアルバムタイトルの「Begining~♪」も入ってるし(関係ないってか?)この曲はやっぱりサビへの転換かな?サビのはじまりかたが凄い綺麗に聴こえる

4.WORLD

これはイントロからしっかり楽しませてもらいましょうww歌いだしもなかなか好きwwサビのちょっとペースアップする瞬間が気持ちよいねww

5.A CROSS OF SADNESS

涙がでそうな声で訴えかけるボーカルのYutaの歌は哀愁パンクHAWAIIAN6の代名詞!切ないロック調のサウンドと声がなんとも好きw

6.NO FANTASY

ドラム連打ではじまるHAWAIIAN6っぽくないwwていうか「FANTASY」って曲もタイトルアルバムもあるよねwwコーラスの叫びもまた良いwww

7.CRIMSON SKY

これもらしくないって言ったら、らしくないのかな?歌いだしで初めて「あ、HAWAIIAN6だ」とわかる作品。サビの前からサビの終わりまで、やべぇえええええええ!!!!って叫びたくなる!!!!速いんだけど、遅い?なんていうかそんな曲ww

8.RAINBOW,RAINBOW

タイトルだけみると期待してしまうが、実はこのアルバムの中ではあんまりすきな方ではない・・・っていうかハワイアンっぽくなぁああああああああああい(涙 けどいい曲

9.THOUSAND OF SNOW

イントロはそんな好きじゃないが、いきなり小さくなる歌いだしは味があるww全体には良く出来た大人の作品じゃないかな?洋楽にはこんな曲を歌うアーティストはあんまりいないよね

10.CRIME AND PUNISHMENT

疾走感のあるサウンドがなかなかの聴き所。このアルバムではイマイチかな?

11.I BELIEVE

この曲は最初から最後まで良いです。メロディックかつハワイアンらしさもそれなりに出ててすきwww最後のシメとしてもってきたのは正解ですね

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年10月19日 (木)

蝦蟇

Gama_2 ガゼット[蝦蟇]★★★☆☆

ガゼットの5曲入りマキシ。その名も「蝦蟇」(がま)。・・・・・ぜったいに普通のパンクバンドにはない名前ww虫をイメージして作ったということで、なんか気持ち悪い曲があるwwとくにDir en greyの「残~ZAN~」のような感じで始まる「Sugar Pain」。この「Sugar Pain」の歌詞カードのスペルが間違っているのはワザと!?まぁやっぱりヴィジュアル系ということで、普通の人にはオススメできないコア向け作品になっている。

1.anagra~SE~

ドロドロな雰囲気のイントロ・・・

2.COCKROACH

コックローチとは、みんなの嫌われ者。ゴキブリのことです。なんか曲はダークなのに、ボーカルのルキはそんなにダークに歌ってない。サビの前の「届く筈もない壁を睨む♪」の部分が好きwwまぁ全体的にはかっこよく出来てるけど、やっぱりV系を一つのジャンルといて認めている人にしかわからない曲ですね。

3.Last bouquet

始まり方はなんか明るい感じwwそこからちょっと切ない曲調にサウンドが変化し(最初の明るいところいらなくない?)、歌いだし。これはいいww歌の部分は全部カッコいい!!「何度も何度も~♪」のところも何気にすきww

4.Katherine in the trunk

なんだかんだで一番受け入れやすい曲。歌詞の内容は猫が色々やるって話wwルキは歌詞書くのうまいねwwなんか始まり方が好きなんだよねぇ・・・なんでだろう

5.Sugar Pain

Dir en greyの曲と始まり方が似てる気がする。ガゼットはDirが好きなのかな?いい曲を作れる人は必ず誰かの影響を受けてるわけだから別にいいんだけど、「予感」と「ザクロ型の憂鬱」も似てて、もうちょっとバレない程度にねww曲としてはなかなか良いww根本的に俺はガゼットってバンドが好きだから基本なんでも受け入れられるんだけど、曲の終わり方が怖い・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年10月16日 (月)

The Open Door

The_open_door Evanescence[The Open Door]★★★☆☆

前作の「Fallen」で全世界1300万枚のモンスターセールスを記録したエヴァネッセンス。今回も綺麗なエイミーの声と壮大な演奏が繰り広げられては入るものの、前回の「Going Under」のようなサビのフレーズ重視の作品ではなくなって、すこしパンチが弱くなった感じ。個人的には前作の方が好きだったなぁ。

1.Sweet Sacrifice

前回フォールンにもこんな始まり方の曲があったような・・・スローになるところもしっかり美しく作られていてこういうのを完璧な曲というのだろうか・・・迫力のある演奏にエイミーの美しく重みのある声が駆け抜ける

2.Call Me When You're Sober

最初はピアノとエイミーだけ。エイミーが途中でハモってる。ロックテイストのサウンドにクラシック音楽のような歌声が乗るのは圧巻。この曲はサビのフレーズもいいので、一度好きになるとドップリはまる可能性大。

3.Weight Of The World

メタルチックな前奏、と思ったら静かな所からエイミーの声が耳を刺激する。はもりが信じられないほど綺麗。

4.Lithium

ピアノとエイミーの美しい歌声の共演からはじまり、どんどんエヴァネッセンスというバンドの世界に吸い込まれるバラード。彼らの演奏に一度つかまれたら離してくれない・・・

5.Cloud Nine

この曲の始まり方が妙に神秘的かつ壮大で、そこからロックサウンドに展開し、エイミーの声がどんどん変化して曲を完成させてる。個人的にこのバックのロックサウンドが大好き

6.Snow White Queen

この一曲で、一つの映画を見ているよな気分にさせられる。静かに歌うところでもエイミーの歌声は迫力があるので緩急が弱いきがするねぇ

7.Lacrymosa

クラシックのワンシーンのような前奏から悲しげに歌われる唄。オーケストラのような人達がバックでエイミーとコラボする。怪しげな雰囲気が魅力の曲。全体的にスローペースだけど、サビでサウンドが爆発し、もうやばい

8.Like You

シリアスなサウンドを上手く使い表現する前奏に、ロックなサウンドを乗せる。ピアノやクラシックの要素も組み込んで、ダークに仕上げたバラード

9.Lose Control

軽いピアノをバックに神秘的なバラードかな?とおもって聴いているといきなりロックサウンドに変化したり、絶妙なハモりを聴かせてくれたりと、かなり完成度の高い作品

10.The Only One

ここにきて感じるのが、はじまりがワンパターンだということ。エヴァネッセンスのコンセプトにはあってるけど、少しくらいアクションを起こしてもらいたい。まぁそれでも似てる曲がなくて、全部良い曲ってのが彼らの凄い所

11.Your Star

しばらく眠れなくなりそうなサウンド、声、すべてがエヴァネッセンスの特徴であり”ウリ”なわけで、その点この曲はかなりそれを忠実に行っている。サビどころか、すべてがもうカッコいい。これはやばい

12.All That I'm Living For

短編映画をみているように、風景描写されているサウンド、フレーズ。歌詞はすこしジャンルは違うけど・・・

13.Good Enough

もともとエイミーはピアニストだったので、とにかくピアノが上手。この曲の前奏のピアノももちろん彼女で、そこから弾き語るわけですね。エヴァネッセンスにしては明るいつくりになっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[reila]Lesson.D

Reila ガゼット[[reila]Lesson.D]★★★★★

「Casiss」の大ヒットで一気に日本を代表するバンドとなった、正統派ビジュアル系バンドのガゼット。この[reila]は、3タイプ同時に発売された純愛バラードで、アルバム収録されてないのでシングルでしか聴けないという代物。シングルの[reila]だけでなく、カップリングの「春雪の頃」も耳を疑うほどいい曲なので、買ってみて損はない。

1.[reila]

レイラに捧げる純愛バラード。前奏から間奏から全部の演奏がやばい!葵さん好きだぁ!!!ていうか、曲の長さを感じさせない歌で、これはヤバイ。そしてこのPVまぢ何回見ても飽きない!!ちなみにレイラは外人さんです。

2.春雪の頃

卒業季節にはピッタリの歌。最後の大サビ、最初聴いたとき本当オーケストラ使ってるのかと思うぐらい綺麗に壮大に聴こえたけど、今聴くとそうでもないね、でもいい歌だからききなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月15日 (日)

DISORDER

Disorder ガゼット[DISORDER]★★★☆☆

人気ヴィジュアル系バンドガゼットのパクリ疑惑もでた問題の作品が、この1stフルアルバムの「DISORDER」。ミーハー・ファンの間では評価の高い作品だけど、コアな人には「なんじゃこりゃ?」と思われているらしい。個人的にすきなのは「ザクロ型の憂鬱」、「花言葉」、「東京心中」、「Anti Pop」、「七月八日」、「さらば」の七つ。個人的にあれに似てるな、これに似てるな、って曲がすこし多すぎなんだよなぁ…少しずつだけど。でもヴィジュアルってのは曲よりヴィジュアル重視だから別にいいんじゃないかね。俺ガゼット好きだし。

1.intro

イントロ。「ディソーダー♪」しか聴き取れない。

2.The $ocial riot machine$

イントロからくるオカルトソング。ライブの最初にやる曲で、曲調がどんどん変化する!スピーディだけどリズミカルでもメロディックでもないので、聴ける人と聴けない人がいそう。

3.Carry?

オカルト的なA,Bメロから、これもスピードがどんどん変化して「またヤバイの来たな」と思って聴いているといきなり綺麗なサビに入る。サビのフレーズだけ聴けばいい曲。

4.ザクロ型の憂鬱

3連続リリースの一つ。綺麗なサビと歌詞が特徴。Dir en greyの「予感」みたいでかっこよいです。

5.Maximum impulse

ガゼットは、よく独特な世界観をもっているといわれているけど、おれはそんな事はないと思っていて、オカルト的な要素はラップなどを含め外人アーティストからの影響を受け、真面目な曲は国内アーティストから影響うけていると思う。

6.花言葉

神秘的でいい感じのバラード。ルキはどんな声も出せるので、ヴィジュアル系のバンドボーカルとしては最高です。この「花言葉」は特にルキのしっかりとした歌い方が聴ける曲で、ほとんど無駄な所がなくサビもメッチャいい

7.東京心中

個人的に結構ツボッた曲。ある恋人が駆け落ちして東京で暮らすんだけど、結果的に仕事もなくなり東京湾(かどうかはしらんが)で自殺するって話。歌詞にあったサウンドがいい感じで全体を演出している。一人で考えながら歌詞をみるとマジ泣けます。

8.SxDxR

ロック&オカルトな感じのバックサウンドにルキの以外にちゃんとした歌をのせて聴かせてくれる。サビ前の「ロックンロール イズ デッド」って言われると、マリリンマンソンの「Rock is dead」を思い出す。なんだかんだで影響をうけてるのかなぁっと思ったりする(根拠なし)

9.Anti pop

最初から、いきなりスピードアップするところ、ベース音、全部いいねwwサビの「レッツゴー♪」は、メロディアスでとっても聴きやすい。(サビ以外は普通の人の耳じゃ聴けない)

10.七月八日

ガゼットの名曲「別れ道」の続編。なにも考えずに普通に聴けるいい歌。「ためしに聴いてみて、マヂいい歌だから」とガゼットの曲を友達に勧めるときかならずはこの曲か「Casiss」を聴かせます。

11.さらば

最初のドラム音がなんかいいww内容的には戦争で死んだ日本人兵士達へ送る日本語レクイエム?みたいな曲。ふつうにいい曲。

12.Disorder heaben

エンディングのインスト

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年10月12日 (木)

Against the Grain

Against_the_grain Bad Religion[Against the Grain]★★★★★

「Against the Grain」は、17曲も収録されているのにもかかわらずたったの34.7分にまとめられているコンパクトなもので、メロディックでスピーディなバッド・レリジョンらしい楽曲が盛りだくさんでかなりいいものに仕上がっている。とりあえずスカッとしたリズミかるでメロディアスな「21st Century Digital Boy」や前奏から引き込まれる「Anesthesia」など聴き所が満載。問題はメロディアスすぎて似通った曲が多いこと、それを除けば本当に名盤といえるだろう。

1.Modern Man

ギターサウンドが心地いいハイスピードの曲。ハモりがかっけぇなぁ…んでバッドレリジョンは短く早いってのがまたいいww

2.Turn On The Light

これはイマイチ!?バックのサウンドはいいけど歌がねぇ・・・

3.Get Off

これまたいい速さwあいかわらずのメロディアスぶり。メロコアの父の異名は伊達じゃない!?

4.Blenderhead

聴いていると味がでてくる曲。ハーモニー、メロディがなんともクセがあっていいんだよねぇ。いきなり終わって次の曲へいく!?

5.Positive Aspect Of Negative Thinking

とりあえず独特のスピードで57秒突っ走る。曲速が急に速くなって終わる。

6.Anesthesia

来ました名曲!今まで走ったから、ここで休憩。といった感じ?たくさんのメロディックなフレーズをすべて詰め込んだような贅沢な作りで、終わり方がパンクという感じでなくなにか神秘的ww

7.Flat Earth Society

ライライライ~♪で始まる愁いナンバー。現代ジャパンクでいうとHAWAIIAN6はこんな音楽歌ってますが、比になりません。ギターソロなんかもはいって聴き所がたくさんw

8.Faith Alone

まさにバッドレリジョンの力をそのまま詰め込んだ(彼らにしては)スローペースナンバーwwこれも味があるんだよなぁwwスカッとしてるんだけど軽くないし、とっても広く深い曲

9.Entropy

こもったギターサウンドから始まるスピーディかつメロディアスなナンバー。ていうかギターソロがハンパねぇかっけぇんだよ!!

10.Against The Grain

始まり方がなんか好き。ていうかこんなサウンドよく出せるなぁ・・・大人パンクだねぇ

11.Operation Rescue

ぎゅるんとうまい具合に緩急をつける。途中で叫ぶ所がまたいいwwレギュラーもレベル高いです。この曲の最後の終わり方がこのアルバムの中で一番すき

12.God Song

前奏のフレーズはよく彼らが使いますwwバックのスピードも歌もいいリズムを刻んでますwwソロが気持ちいサウンドで、そこから彼ら得意のハモりでフィニッシュ!

13.21st Century Digital Boy

もう名曲ですねww他のアルバムにも収録されている。最強曲。これマヂ名曲。なんつってもドラムとギターリフの部分がねぇけど、彼ら得意のハモりも健在。ソロもねw

14.Misery And Famine

へヴィなサウンドからスカッとした声で歌い上げる。サビがかっこいい、いやよすぎる。ていうかバッドレリジョンはよく「Misery~♪」って曲が多いww

15.Unacceptable

ハイスピードなバックをなんでもないふうに歌う。これが彼らの味でもあり、抜けたところでもある。でもそんなところがコアなパンクファンを魅了し続けています・・・

16.Quality Or Quantity

最初ッからテンションの高い曲。テンポがいちぢるしく変化して、かなり楽しめる曲。全体的にはスピーディながら、しっかりとメロディアスに仕上げている。

17.Walk Away

このアルバムのシメ。ナイスなサウンドとあい変わらずな声。この曲もハモりとサビのフレーズを楽しんで欲しいねww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月11日 (水)

RIOT ON THE GRILL

Raioxtutoanndogaru_1 ELLEGARDEN[RIOT ON THE GRILL] ★★★★☆

ハイスタが死んでインディーズロックシーンが低下した現在。突如現れた新生児、ELLEGARDENの4thアルバム。あれ?ゆっくり??とおもったらいきなり爆発するオープニング『Red Hot』や、心地よいパンクナンバー『モンスター』、『虹』。斬新なロックナンバー『Snake Fighting』などとにかくキラー・チェーン満載!8万枚の大ヒットを記録した前作『Pepperoni Quattro』を超える作品に仕上がっている!

1.Red Hot

ゆっくりのしっとりサウンドからいきなり爆発するキラーナンバー!!!これはダメだろ・・・と思うほどでサビ聴いて気絶(いいすぎww)このバンドは毎回良質なサウンドを聴かせてくれる。もし聴き飽きたらPVみてもう一回聴きたくなるww

2.モンスター

始まり方がまずスカッと気持ちいいww「そ~ゆ~2つとない宝物をあつめて~♪」このバンドはサウンドが目立って歌詞を見ない人がいるけど見たほうがいいよww

3.Snake Fighting

「モンスター」から繰り広げられるロックナンバー!ロック調の部分と綺麗なメロコアのようなサビが巧みに入れ替わって聴きごたえのある曲になっている。

4.Marry Me

歌詞と曲が可愛らしい。これは何回も聴いちゃうねwwwカラオケで歌うべし。

5.Missing

唯一のシングルナンバーかな??綺麗なイントロと細美の声が絶妙。オリコン初登場16位で4万枚のヒットを記録している。サビがなんとも切ないパンク。

6.Bored Of Everything

かなりさわやかなイントロwww本当このアルバム捨て曲ねぇなぁww

7.TV Maniacs

こいつもなかなかのロックナンバー。サビとかかっけぇ。なんかアクション映画の主題歌みたいだなぁwww

8.

希望をもてる歌詞を切ないメロディにのせてお送りする8曲目♪「積み重ねた思い出とか、音を立てて崩れたって、僕らはまた今日を記録に変えていける♪」なんて歌詞普通思いつかないよ、本当。ww

9.I Hate It

しっとりと聴かせてくれるバラード。ELLEGARDENはどんな曲も形にハマってるバンドだなぁ・・・いい曲だけど、このアルバムでは一番下。

10.BBQ Riot Song

最後に持ってきたメロコア調MAXのナンバーwwこれはシメとしても最高だけど、これだけ単体で聴くのもかなりいいwwで、2:05ってのは短い・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年10月 9日 (月)

Master Of Puppets

Masutaofpapextutu METALLICA[Master Of Puppets]★★★★★

メガデス、スレイヤー、アンスラックスとともに「スラッシュ・メタル四天王」の一角とされるメタリカ。今回紹介するのはそんなメタリカの3rdアルバムとなる「Master Of Puppets」。この作品はとりあえず凄すぎ。メタリカはもちろん、メタル界の最高傑作ともいえる。とりあえずスラッシュ最高傑作「Battery」、タイトルトラック「Master Of Puppets」を筆頭に、もういい曲ぞろい…とりあえず、メタルを知らない人はこのアルバムを聴いてみよう。このアルバムが良くないと思う人は、まずメタルを聴けない。

1.Battery

メタリカ不屈の名作で、メタル界に大きな貢献を果たした最高傑作。これこそが、その名曲「バッテリー」である。マヂでかっけぇ!一定のリズムで刻まれるサウンド、声!ハンパねぇ!!ライブは見なきゃメッチャ損

2.Master Of Puppets

タイトルトラック。前奏が長い。学校では、この曲派と「バッテリー」派で別れて一時期討論したことも(ほんの一部)!!とりあえずカッコいいのでヤバイです。ちなみに自分は「バッテリー」派。

3.The Thing That Should Not Be

ギターサウンドではじまるダークサウンド。個人的にはシンフォニックメタル、ジャーマンメタル、メロディアス・パワー・メタルがすきなんだけど、メタリカみたいな曲もすき。この曲が86年に確立されていたことに感動。

4.Welcome Home (Sanitarium)

この後どんどん進化していくメタリカ。この曲調は変わらず成長していく。こいつはとりあえず聴いといて損はないね

5.Disposable Heroes

歌いだしのリズムがすばらしい!っていうか俺が生まれる前にこんな音楽が確立されてたんだなぁ・・・って思った。局長はロック!って感じで、はやいはやい!!ww

6.Leper Messiah

現在のメタルは、色んな音響効果を使って、結構完成度の高い曲が多くあるが、このころのメタルは純粋なバンド・サウンドだけなので、なんとも心地いい。アングラみたいにキーボードで表現するタイプではないんです。リズムがよくて効いていてまぢ気持ちいよwwなんていうか思いサウンドなのに爽快感があるような

7.Orion

オリオンっぽくないがオリオン。インストのサウンドオンリー。マスター・オブ・パペッツのバックサウンドに似てる。

8.Damage Inc.

この名作を飾るのがこのダメージ・インク。最初、なんか壮大な曲が来そうな感じで楽しみに待っていると、ハンパねぇ演奏スピードとサウンドに圧倒される!!これぞメタル最強の彼らにふさわしい!!!ちょっとバッテリーに似てるところがある!?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年10月 8日 (日)

カラクリ否定

Karakutihitei アンティック-珈琲店-[カラクリ否定]★★★☆☆

Vo.みく、Gt.坊、Ba.カノン、Dr.輝喜の4人からなるヴィジュアル系バンド、アンティック-珈琲店-(あんてぃっくかふぇ)、通称アンカフェ。ビジュアル系っていうとどうしても重いイメージがあるけど、アンカフェはとっても軽く聴ける。ていうか個人的には音楽じゃなく彼らの人間性に惚れて聴いてるんだよねぇ。なんか自由な感じが出てるし(正直歌詞もサウンドもそんなに良くないw)、調子に乗ると止まらないみくと輝喜を筆頭に、すこし控えめなカノン、なぜか女装している坊の会話を聞いてると、なんか高校生の集まりみたいですげぇ共感できるww気になる人はYou Tubeで見れますよww一枚のCDとしてみれば星2つ。「我侭行進曲」は個人的に好きなのでギリギリ星3つということで。

1..我侭行進曲

聴いてて心地いいドラムとアンプをうまく使ったギター音ではじまるスカッとした爽快感MAXな歌。元気がでるけどたまに歌詞が意味わからないのがあるww最後のLaLaLa~♪が好き。ていうか途中のフレーズがセックスマシンガンズのみかんの歌に酷似。

2.桃色ピュア的溺愛ザクラ

なんか聴きにくいサウンドから始まる。歌い方がヴィジュアルっぽいwwいまさらながら、みくの声は気持ちが悪いww「スマイル一番 いい♀」ではだいぶマシになったね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

Temple of Shadows

Temple_of_shadows_1 ANGRA[Temple of Shadows]★★★★☆

ブラジル出身のメロディアススピードメタルバンド、ANGRA。今回紹介するのはボーカルが変わって新生した彼らの2作目(通算5作目)の作品。11世紀後半の十字軍戦士“シャドウ・ハンター”が赴く魂の探求の旅を描いたコンセプト・アルバムで、スペシャルエディションには18曲ものDVDがついてるっていうヤバイ作品。Angraの名作といえば「Carry On」とか「Nova Era」のイメージがつよいけど(おれだけ?)このアルバムの「Spread Your Fire」もやばい。アルバムとしてはなんていうか単体で聴くのではなく、このアルバムを一つの作品として聴いて欲しい一枚。

1.Deus Le Volt!

ダークなイントロ。これから2曲目の「Spread Your Fire」に行く様は圧巻!

2.Spread Your Fire

Angraの名作「Carry On」、「Nova Era」の意志はこの曲に受け継がれた!?爽快感のあるフレッシュなメタルサウンドにエドゥのなんともあっさりガラガラの声がベストマッチ!ソロのところはあまり好きじゃないね。いい曲だけど最強曲「Nova Era」越えならず・・・

3.Angels And Demons

なんかふざけたサウンドと真面目なサウンドが交互に攻撃してくる!?曲はどんどん移り変わってちょっとスピードを落として欲しいww(これは俺個人の意見なので)間奏は綺麗ww

4.Waiting Silence

とりあえず入り方がツボ。アングラってメタルの中では聞きやすいかもしれない。Children Of Bodomみたいなデスでもないし、彼ら自身もメロディック・パワーメタルを自称してるし。曲調としては哀愁のある日本の80年代J-POPを髣髴させるサウンドが特徴。なかなかメタルで昔くささをだすのは難しい。

5.Wishing Well

またなんともメタルっぽくないイントロ。勘違いしてる人が多いが、アコギで始まるメタル曲もいくつもある。メタル史上名曲として語られているメタリカの「バッテリー」もアコギからはじまるし・・・この曲は70年代のアメリカ音楽っぽい・・・

6.The Temple Of Hate

これぞメタル!アングラ!ってなサウンドでイントロから楽しませてくれる。曲調はなかなか優秀で、できればずっとこの路線で行って欲しいww

7.The Shadow Hunter

8分超えを果たしたなんともイタリアンな音楽。彼らはブラジル出身のはず!?またイントロだけで1分30秒使っちゃうのがすごいwwアングラが本気で納得のいくバラードを作るとこうなるのかな?サビは盛り上がって「ぎゃあああああああ!!!」とさけびたく!!!!!はならない・・・バラードですから

8.No Pain For The Dead

これまた暗いww涙がこぼれそうなゆっくりな歌いだしもさることながら、全体の雰囲気、そしてサビの悲しみを前面に出したサウンドも圧巻。メタルは、ロックの中でも一番進化したジャンルと言われているけど、バラードこそメタルのよさがわかるのかも・・・

9.Winds Of Destination

イントロが何気に好きなのは俺だけ?ここらへんから友達は同じ曲に聞こえてきたといっていたが、そういう人はメタルは聴けないなぁ・・・静かな所と激しい所のメリハリが楽しめる

10.Sprouts Of Time

メロディックで非常に聞きやすいww明るいのか暗いのかワカラナイがとりあえずバラードで、いい曲なのでみんな聞いてみよう!

11.Morning Star

はじまりのドラム、そしてギターかな?キーボードかな?まぁそのどっちかの合いの手的なサウンドもたまらない。アングラは有名曲とのギャップがハンパないよな・・・

12.Late Redemption

個人的にはここらへんもっとガーッと言って欲しい気がするが、またまたバラード。こういう楽曲をどうあらわせばいいかわからんが、とりあえずほとんどメタルっぽくない(と、俺は思う)

13.Gate XIII

最後のシメは、インストのサウンドオンリー。この後すぐに「Nova Era」を聞きたくなるのは俺だけかなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

君繋ファイブエム

Photo_5 ASIAN KUNG-FU GENERATION[君繋ファイブエム]★★★★☆

アジカンのファーストフルアルバム「君繋ファイブエム」。タイトルの意味は、君と繋がっていたい、その距離5メートル(5m、ファイブエム)から来ているらしい。個人的には「フラッシュバック」や「N.G.S」なんかのクセのあるフレーズが好きww

1.フラッシュバック

このアルバムのオープニングは綺麗でしっかりとしたロックサウンドの「フラッシュバック」ではじまる。短いが間奏もあり、満足できる作品。

2.未来の破片

フラッシュバックの終わりから、ガーンと来るイントロ。そこから静かに奏でられる後藤さんの声wwやばいねぇwwサビはドカーンと勢い系ではなく、実力を見せ付ける”聴かせる”感じ?

3.電波塔

最初シンバルで始まる曲。ハイハットじゃないよね??安定したロックを展開。アジカン節が炸裂してます。

4.アンダースタンド

綺麗で聴きやすい曲の登場。明るい感じなのでロック!と意気込んで聴かなくてすんなり入ってくる。逆にロック!って意気込むと「あれ?」ってなるwwサビはぶわぁとかっこいいww

5.夏の日、残像

神秘的なイントロ。こういうの好きww後藤さんの叫び!って感じのところが個人的にツボだけど、歌詞もサウンドも考え深いものがあるねww

6.無限グライダー

これも神秘的なイントロ。アジカンのドラムってしっかり感情移入が出来ていてすごい。サビもすげぇ神秘的な感じでなんかしっとり聴けます。聴いてください。はい。

7.その訳を

NaNaNaNa~♪ではじまる和み系。アジカンてドラムが意外にしっかりしてるんだねww大サビがいいww

8.N.G.S

アジアンテイストのサウンドとロックの融合!?ハードでなんか哀愁のあるロックで、とってもかっこいいが、なにか腑に落ちない・・・違和感?違うなぁ。とりあえず聴いてみよう

9.自閉探索

イントロツボww単純にかっこいい!素直なロック!!ぎゃぁああ!!!とってもメロディアスで激情的なサビもハンパねぇよぉおおおお

10.E

爽快感のあるサウンドとしっとりとした後藤さんの声で奏でられる「E」。A,Bメロ、サビ全部メッチャエモ路線で聴きやすくカッコいいww

11.君という花

ここちいいドラム音とキャッチーなギターサウンドの共演を経て、クセのあるいい歌が混じり、曲全体を構成していく。一定のリズムでA,Bメロを超えて聴き応えのあるサビへ!いやぁこの過程がたまらないww名曲!

12.ノーネーム

アジカンって本当にドラムいいwwドラムはリズムを刻むもの。だけどアジカンのドラムはそれだけで曲のベースを支えている。曲は落ち着いた感じで始まって、サビでドカ-ン!!wwでも神秘的で、なにか惹きつけられる!

| | トラックバック (3)

2006年10月 7日 (土)

Rebirth

Ribasu ANGRA[Rebirth]★★★★☆

メロディックメタルの最強バンド、アングラ。ボーカルが変わったことが成功に繋がった一枚。コアファンの間ではなかなか評価が高い作品だったけど万人ウケするかと言われれば微妙。次回作はアルバムしても完成度が高かったが、このアルバムは名作「Nova Era」と他の楽曲とのギャップがハンパない。個人的には星五つ、コアファンと一般人の耳を俺っちなりに考慮して星4つにした。

1.In Excelsis

イントロ、ここから「Nova Era」にいくのはやばいです

2.Nova Era

まさしくAngra最高傑作「Nova Era」。メロディック&スピーディで、単品で聴けばHELLOWEENのイーグルフライフリーに継ぐ名曲。ソロ部分も捨てる部分なし。全部聴き所。これを聞いて死ね!

3.Millennium Sun

きれいなピアノの弾き語りから、リズミカルなナンバーへ。聴きどころだらけなので、ぜひどうぞ。

4.Acid Rain

最初からぐぐっと引き込まれる曲で、どんどんダークな世界に弾きこまれるが、曲調がここで!?という所で変わったりする。サビはかっこよすぎ

5.Heroes Of Sand

落ち着いたはじまり。アングラはうるさい曲よりこういうタイプのほうが得意なバンドだったりする。途中でうるさくなるがやっぱりバラード系

6.Unholy Wars [Part I - Imperial Crown] [Part II - Forgiven Return]

シャカシャカと言う音をバックにギターサウンドが始まる。なんかパンクっぽい。いや。ハードロックか!?エアロスミスか!?メロディックなところからスピーディにアングラらしくなってくところが好き

7.Rebirth

このアルバムのタイトルトラック。アコギから始まる心地よく綺麗な曲からガツン!とメタル楽曲へ。なんだかんだで全体をまとめている曲

8.Judgement Day

はじまりのサウンドが良い。綺麗なことはもちろんこの曲は他の曲にくらべてあっさり出来ていて聴きやすい。

9.Running Alone

これもメロディックに、なおかつアングラらしさの出た名曲。前奏が長いのが気に入らないが、他はなんの問題もない。

10.Visions Prelude

悲しげなピアノの語り弾き。純粋なバラードで、このアルバム中で一番いいバラードかも

11.Bleeding Heart

このアルバムのシメは、YOSHIKIのピアノのようなサウンドから繰り出されるバラードで、ボーナストラック。個人的にはトラック10の方がすき。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年10月 1日 (日)

Bad Religion

Badreligion3 BAD RELIGION

SEX PISTOLSという伝説が幕を閉じた70年代。彼らが無くなったあと、パンク・ロックは産業化し、「商品パンク」を強制されていった。純粋なパンクは地下に追いやられたが、そこから這い上がったのが「メロコアの生みの親」、Bad Religion。彼らは当時のパンクに疑問を抱き、パンク専門のインディーズレーベル”エピタフ”を立ち上げる。そしてその”エピタフ”から数多くの人気バンドが誕生しパンクがまた魂を取り戻していくわけで、彼らこそパンクの救世主といえる。彼らに影響を受けたパンクバンドは数知れず、有名どころではペニーワイズ、NOFX、オフスプリング等、言い切れない。現在も”エピタフ”は大規模のパンク・ロックレーベルで、多くのパンクバンドが所属している。彼らの音楽はメロディアスすぎるとも言えるサウンドに政治問題、世界情勢、社会風刺、貧富差、宗教、戦争などを反対する歌詞を乗せて渋い声で歌い、言葉も知的なのでレキシコン(辞書)パンクスなどとも言われている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年11月 »