« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月31日 (月)

MFZB

Mfzb_1 Zebrahead[MFZB]★★★★☆

日本人大好きなカリフォルニア出身のミクスチャー・バンド、ゼブラヘッド。もうおふざけすぎてる彼らの3thアルバム。前作「PLAYMATE OF THE YEAR」に比べてロック色が強くなってる感じがする。それになんか前作に比べて真面目(?)になってる。彼らがこのアルバムをリリースした後、ボーカルのジャスティンがやめ、後任はマッティという男がついている。つかゼブラヘッドの新作聴きてぇ!!!!

1.Rescue Me

最強!まぢゼブラヘッドの最強曲だと(俺は)思う!!!かっこいい!かっこいい!でもゼブラヘッドらしさなし・・・

2.Over The Edge

ゼブラヘッド!!!って感じの歌wwやっぱいいなぁwwこのふ抜けた感じの声wwなんでやめちゃったんだぁ・・・;;

3.Strength

サビのまえの一定のリズムで繰り返すラップがツボwwサビはもっとドッカァ~ンって感じでもいいと思うけど、これはこれでナイスww

4.Hello Tomorrow

ラップ!って感じ。なんか関ジャニ8がこれと同じような曲歌ってたような・・・

5.The Set-Up

まったりなスタートから「1!2!3!4!!!!」ってwwwラップから速いペースでサビに突入wwかっけぇなぁ・・笑顔になっちゃうねww

6.Blur

なかなか綺麗な曲。サビの入り方もよくて、メロディックに仕上がって、普通にいいwwと思える曲。

7.House Is Not My Home

これいい!!まずイントロね!イントロ最高!とまではいわないけどいいよww前から思ってたけど、サビまでがはやいよねゼブラヘッドは。この曲のサビはそんな好きじゃない。

8.Into You

メロコア爆発ラップ爆発ナンバー。これはいい!!!!特徴・・・は色々あるけどなんかピックアップできねぇww

9.Alone

なんかサウンドがいいwwサビは叫び系!!いいねぇメッチャwwもっと長ければいいのに・・・

10.Expectations

この曲はやばい。ゼブラヘッドの真面目バラードなかなかききごたえがある。じっくりと家で聴きたい曲。あんまり移動中には向かない気がする・・・

11.Falling Apart

なんかサビにもうちょっとパンチがほしかったなぁ・・・おいおい!!って感じ。でも全体的には良く仕上がっている曲。

12.Let It Ride

ライブでプレイしたいwwつかかなりフレッシュな爽快感溢れるサビwwなんかここまで来てこんな初々しい曲作れるってのもすごいよなぁ

13.Type A

このアルバムでおそらく最も早くて、最もすぐに終わる曲。ちょっと「Alone」に似てるきがするが・・・www

14.Runaway

まったりサウンドにハキハキとしたボーカルとラップを乗せて歌う歌wwサビの特徴が少し薄い気がする・・・

15.Dear You (Far Away)

アコギから始まるなかなか味のある曲。俺はこういう曲よりはっちゃけ系のゼブラヘッドの曲が好きだけど、これは普通にいいと思う。前回と同じく隠しトラック(?)もありますww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Fallen

Forllun_3 Evanescence[Fallen]★★★★☆

全世界で1300万枚の大ヒットしたエヴァネッセンスの「フォールン」。エヴァネッセンスはやっぱすごいwwエヴァネッセンスの軽い紹介をすると、へヴィ・サウンドバンドには珍しい女性(名前:エイミー)がボーカルを務めている。彼女の声はなんともミステリアス、壮大で定評がある。さっきも言ったが、このアルバムは1300万枚のヒットを飛ばしたモンスター・アルバムであるが、そのヒットの火付け役となったのはやはり映画『デアデビル』挿入歌の「Bring Me To Life」だろう。確かに良い曲ですww「Bring Me To Life」目当てで買った人も多くいるはず(特に日本人)。もちろん他にもヒットの裏役者はいるわけで、「Bring Me To Life」と肩を並べてこのアルバムの主役級ナンバーの「Going Under」、前者2つとともにシングル化された「My Immortal」、「Everybody's Fool」など、このアルバムは聴き所満載。グラミー賞では最優秀新人賞と最優秀ハードロック・パフォーマンス賞、日本ではニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤーを受賞したこの「Fallen」を一度聴いてみては?

1.Going Under

エヴァネッセンスのセカンドアルバムとしてシングルカットされた曲。このアルバムほとんどに言える事だが、やはりダーク・・・だけどサビ入る前がなんか綺麗wwサビもなんだかんだでいいけどねww

2.Bring Me To Life

ピアノではじまるかなり悲しさ感溢れる曲ww映画『デアデビル』の挿入歌になったおかげでエヴァネッセンスの知名度を爆発的に上げた曲でもある。サビの中で、歌の掛け合いがなんともハイレベル。あの男の声は誰なんだろう・・・ギターのテリーかな?まぁいいやよくわかりません。ごめんなさいww

3.Everybody's Fool

曲全体を一気に聴ける曲。これをはじめて聴いたときアブリルの歌かと思ったww

4.My Immortal

なんていうか、ダークな感じはしない。エンヤの歌うバラードのようにすげぇ綺麗な曲。最後の大サビ?の所はまぢ圧巻。バラードなんだからもう少し長くてもいいと思う

5.Haunted

イントロから怪しさMAXのホーンテッド。サビはこれは個人的な話だけど、なんかあまり好きじゃないっていうか、こういう感じのサビの曲はたくさんあるし・・・みたいな?でも決して悪くはないですよ!好きな人は好きなんじゃないかな??

6.Tourniquet

すごいよく出来ている曲。サビにもいえるけど、その他のところがやばい!!!!!!

7.Imaginary

まるで神様を拝めるような始まり方のうたwwサビは優しい感じなんだけど、どこかダークさがあるような・・・

8.Taking Over Me

これは・・・微妙・・・ていうかあまり好きじゃないというか。すぐ飽きます。なんか安定していて、先が読める

9.Hello

はい、こんにちわww曲的にはどっちかっていうと「おやすみ」みたいな感じ。途中で「Hello」っていう歌詞がなかったら確実に夜の雰囲気ww俺はこのアルバムの日本語訳は見てないので、曲だけで判断したけどいつか訳を見たときにはまた改めてレビュー書きますwwていうかこの曲はかなりエイミーのすごさがわかる。

10.My Last Breath

まずイントロメッチャツボwwwサビもメッチャいい!!!!!けど以外にマイナー??

11.Whisper

マリリンマンソンのようなイントロ。あいも変わらずダーク&ミステリアスなエイミーの声。つかサウンドがやばい!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月30日 (日)

Playmate Of The Year

Playmate_of_the_year Zebrahead[Playmate Of The Year]★★★★☆

ポップで聴きやすいミクスチャーバンド、ゼブラヘッドの2作目。このアルバムは日本人ウケする曲盛り沢山です。ノリがよく、一度聴いたらヤミツキになる。「Playmate Of The Year」や「I'm Money」、「The Hell That Is My Life」のようなポップナンバーはもちろんのこと、ハイレベルなミクスチャーロック「Now Or Never」、彼らなりに真面目な「Wasted」など聴きどころたくさん!

1.I Am

アルバムの全体の雰囲気から見ると暗い始まりだが、そこはやはりゼブラヘッド。サビで一気に裏切ってくれる!!HIPHOP要素がMAXでまくりのサビ以外もサビも聴き所

2.Playmate Of The Year

はじまりから陽気なまさに彼らの”軽い”感じを表している。しかしサビは純粋でレベルの高いメロコアというもうやばい作品。

3.Now Or Never

「Playmate Of The Year 」から一変したかっこよすぎる曲。サビもだけど、A,Bメロのフレーズすべてがもうかっこよすぎ!!この曲もHIPHOP+メロコアのゼブラヘッド節が炸裂している。最後の大サビがもう素晴らしすぎて涙が出そう。

4.Wasted

前奏はポップな感じで始まるけど、全体的に見ると硬派なメロコアで、さすがといいたくなる。とりあえず純粋にいい曲です

5.I'm Money

「Wasted」またまた一転したポップでゼブラヘッドらしい曲。個人的にはサビ以外のところのほうがツボwwサビの終わり方も好きですww

6.Go

トランスチックな始まり方だけど、声がはいって彼らのサウンドが入るとやっぱりゼブラヘッドの曲になるねwwサビはドラマチックにエモーショナルに仕上がってます。

7.What's Goin' On

始まり方からもうマジ泣きメロ。サビもなんかWeezerっぽいwwとにかくゼブラヘッドのバラード!って感じです。

8.Subtract You

前奏、歌いだしはメロコア、Bメロでラップを入れるっていうゼブラヘッドの定番スタイルを忠実にこなし、サビで一気に盛り上げる。これもスカッとしていて聴きやすいww

9.The Hell That Is My Life

いい感じの前奏から、心地よい声で走り抜けますwwもちろんラップもいれて、サビはすこしぐわぁっといく感じ。いい曲です。ポップとへヴィの華麗なる融合。

10.E Generation

ほぼラップのA,Bメロから、繰り返しのサビとメロディックな演奏。ラップの掛け合いがかっこいいww

11.Livin' Libido Loco

ハワイアンに仕上がった哀愁漂う一曲。俺たちの父親の時代に流行ったようなwwサビもいいんだけどなんだか古臭いwwちなみにラップなし

12.In My Room

リズミカルなAメロからラップに入り、サビ。っていう流れ。ゼブラ的にシンプルながら、聴きやすく、いいねぇと思う曲。

13.All I Need

どこかで聴いたことのあるようなサウンドの前奏からロックな感じに!これはかっけぇよ。いや普通に

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月29日 (土)

Dani California

Dani_california_1 Red Hot Chili Peppers[Dani California]★★★☆☆

カリフォルニア出身のミクスチャー・ロックバンド、Red Hot Chili Peppers。今回紹介するのはニューアルバム「Stadium Arcadium」からシングルカットされた「Dani California」って曲。レッチリのことをメタルとか、ハードロックだと思っている人多いんじゃないかな?それと古くさくて大人のロックと思っている人も多数いるはず。そんなの本当に間違いで、レッチリのジャンルは黒人起源のヒップホップやファンクをパンクロックに入れちゃったミクスチャー・パンクという音楽ジャンルに属している。(ミクスチャーとオルタナを間違える人がいるらしいがまったくの別物。ミクスチャーは「色んな音楽を混ぜる」だが、オルタナは「型にはまらない」である。)んで、レッチリ本人達は本当に下品。アソコに靴下をつけてライブをしたり、盛り上がればなにをやってもいいというようなライブ。歌詞も下品なものが何曲かある。(おれが知ってるのは数曲だけど、もっとあると思う)それとメンバー(ギターとドラム)が何回もチェンジしている。レッチリが大人のイメージがあるのは、ヒレル(初期ギタリスト)の突然の死(死因は薬物過剰摂取)をキッカケに歌詞やサウンドが少しづつ変化していったせいもある。

1.Dani California

映画デスノートのテーマとして有名になったレッチリ最新曲。iTuneで購入wwサビ以外は本当に簡単なサウンド。でもサビはなんだかんだで圧巻wwいやぁレッチリはカッコいいねww

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ビヨンセPVにファン反対!?

Biyonse_2

みんなもご存知、元デスチャメンバー、ビヨンセの新曲「Deja vu」のPVが、一部のファンの間で批判を受けているとか。なんか

「このビデオでは、ノウルズさんの才能や、これまでのミュージック・ビデオが持つクオリティーが過小表現されている」

とかなんか良くわからないのだが、2000人以上のファンがすでにレーベル宛の署名に参加してるらしい。他にも理由は色々あるらしいが、なんにしても「余計なお世話だ!!」とか監督さんは思ってるんだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月28日 (金)

イエローカード、「Lights And Sounds」でがっかり??

Ierokado_5

 





あの異色バンドYELLOW CARDのセカンドアルバム「Light And Sounds」が、YELLOW CARDのメンバーをがっかりさせているらしい。なんでも、リリース当初はランキングのTOP5にランクインしてたんだけど、

一気に落ちた!!!

がぁぁぁぁん・・・・

どんどんどんどん・・・もう、そりゃ酷いものだったらしい・・・

YELLOW CARDのメンバーはこの現状を深刻にとらえ、次のアルバムでは同じ事を繰り返さぬように最善の努力をするという。ボーカルのライアン・キーは、ランキングが一気に落ちた事に対し、「暗い曲が多いのが原因かもしれない」と言ってるらしい。まぁ前回の「オーシャン・アヴェニュー」が200万枚の大ヒットを記録したということで、多少のプレッシャーなんかも影響したのではないのだろうか?たしかに「オーシャンアヴェニュー」は恋愛の歌などが多めだったけど、「ライツ・アンド・サウンズ」は政治、戦争、社会と、テーマが暗い・・・・

Lights and Sounds Music Lights and Sounds

アーティスト:Yellowcard
販売元:EMI
発売日:2006/01/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

From the Screen to Your Stereo

Fromthescreentoyourstereo_2 A New Found Glory [From the Screen to Your Stereo]★★★★☆

パンク!パンク!パンク!いまや爽快パンクの首頭となったNEW FOUND GLORY。彼らが全てのパンクファンに捧げるミニアルバム「From the Screen to Your Stereo」は、なんと有名映画曲のカバー集!!あの名曲たちが彼らの世界に浸っていく!!中でも ネバーエンディングストーリーの「Never Ending Story Theme Song」はもうさわやか爆発パンクになってるし、アルマゲドンからはエアロスミスの名曲「I DON’T WANT TO MISS A THING」がしっとり感が皆無となり完全なパンクソングに!!!ちなみに世界に通用する日本産パンクバンド、NICOTINEとの共同制作アルバム「MOVIE ADDICTION」にも以下の曲は収録されている。

1.That Thing You Do

映画「すべてえをあなたに」から、原曲知らないはずだけどどっかで聴いた気がする。もう普通にパンクソング。やばい。

2.Never Ending Story Theme Song

きたぁああああああああああ!!!!映画「ネバーエンディングストーリー」からきた名曲!!!いろんな人がカバーしてるけど、断然NEW FOUND GLOYバージョンが一番!!ファルコォォォォン!!wwww

3.I Don't Want To Miss A Thing

飛行機?の音から始まる映画「アルマゲドン」からの名曲。これもなかなかカッコいいけど、俺としてはエアロスミスの原曲の方が好き。これもいいけどねww

4.The Goonies "R" Good Enough

映画「グーニーズ」より。ちょっと切ない感じの曲だったはずだが、彼らに任せると切なさ50%減、楽しさ50%増しwwギターサウンドがここち良いww

5.The Glory Of Love

映画「ベストキッド2」からやって来た曲。いったい原曲は誰が歌ってたんだ!?途中で叫びもある優しさがもらえる曲。手拍子をバックに歌うところが個人的にツボww

6.(Everything I Do) I Do It For You

切なめのイントロからくる「(Everything I Do) I Do It For You」は映画「ロビンフッド」から。以外にうるさいだけじゃなく、こういう味のある曲が多く収録されているのがこのアルバムの特徴。いやぁ、良い曲。

7.My Heart Will Go On

あの有名映画「タイタニック」からなんだけど、ええ!!!!っておもうほどの変身ぶり!!wwwつかすでに違う曲wwメッチャカッコいい曲になってるwww原曲バラードだろ!!って突っ込みたくなるが、これはこれでかなりいいのでグッジョブ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (8)

2006年7月27日 (木)

レビューの見方

レビューの見方がわからない人のために、こんなものを用意しました。

このレビューは管理人ココガガの独断と偏見でつけていますので、どうかご了承くださいww

星五つ:★★★★★

やばい!捨て曲なし!!絶対オススメ!!!聴かなきゃ損だ!!ぁぁぁぁぁぁぁ!!!!

星四つ:★★★★☆

良いねぇ~、これはきいといて損はしないと思う。

星三つ:★★★☆☆

うん普通かな。バランスが良い。悪い曲もあれば良い曲もある。(アルバムの場合)

星二つ:★★☆☆☆

悪い曲が良い曲に比べて多い。がっかりする可能性がある。でも良い曲はあるよ!(アルバムの場合)

星一つ:★☆☆☆☆

良い曲がない(アルバムの場合)。これはオススメできない。

まぁ星一つはめったなことじゃ出ません。現時点ではまだ出してないし。(2006年7月27日現在)それとこの星の数はジャンルによっても左右されるので、結構アテにならない(爆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

華想夢想紙

Kasounanntarakanntara_1 アリス九號 [華想夢想紙]★★★★☆

アリス九號.3作目のミニアルバムは「銀の月 黒い星」、「闇二散ル桜」、「百合は蒼く咲いて」、「無限の花」を収録した最強アルバムwwアルバムにしては変わった構成でミニアルバムというより、シングル三つを集めて、+αした感じの作りになっている。「銀の月 黒い星」、「闇二散ル桜」、「百合は蒼く咲いて」、は三ヶ月連続リリースマキシで、「光彩ストライプ」、「白夜ニ黒猫」、「聖者のパレード」はそのマキシそれぞれのカップリングになっている。星の数はかなり悩んだけど、4つになった。でも限りなく5に近い4つ星

1.聖者のパレード

「百合は蒼く咲いて」のカップリング。爽快な始まり方のこのミニアルバムのオープニングソングで、ロック調に変わるwwところでこの曲のサビはどこなのだろうww

2.銀の月 黒い星

これはやばい!三ヶ月連続リリースの第一弾!雪山で遭難した時の詩を書いたらしい?wwとにかく全体的に良く出来てて他の曲を寄せ付けない存在感と歌詞!!!アリス九號の初めて聴いた曲で、一番好きな曲!!!とにかく歌詞が綺麗!!!聴け!

3.闇ニ散ル桜

三ヶ月リリース第二弾は、ロック調の「闇ニ散ル桜」!イントロハンパなくかっけぇwww!!サビ以外のところはかなりロック!って感じなのにサビは綺麗でメロディアス!!!そのオカルトチックなロックな部分と綺麗なサビのギャップにやられた!!!

4.白夜ニ黒猫

「闇ニ散ル桜」のカップリング曲。正直微妙。ていうかこういう感じの曲たくさんある・・・

5.合は蒼く咲いて

三ヶ月リリース第三弾!!やさしいイントロ、ちょっと長いけど、まぁ良しとしましょうwwアコギがなんとも綺麗・・・・サビもいいけどその前の「遥か、昔から君を知ってたみたいに、とても、とても君が温かかった♪」の部分もいいww

6.光彩ストライプ

「銀の月 黒い星」のカップリング。まずイントロがいいねww個人的にはシングルにしてもいいと思うぐらい良い出来だと思うんだけどなぁww

7.無限の花

唯一のこのミニアルバムオリジナルの「無限の花」。優しくさわやかなイントロから奏でられる切ないラブ・バラード。いい曲だww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ALICE IN WONDEЯLAND

Arisuinnwanndaranndo_1 アリス九號 [ALICE IN WONDEЯLAND]★★☆☆☆

アリス九號.(ナイン)の2ndミニアルバムは「ALICE IN WONDEЯLAND」。直訳すると「不思議の国のアリス」。前回の「祇園盛者の鐘が鳴る。」とイメージがまるで真逆wwでも「不思議の国のアリス」って英語で「Alice's Adventures in Wonderland」だった気が・・・・まぁいいやww全体的に似てる曲が多くてききわけにくいので星一つとしたいところだけど、「春夏秋冬」に免じて星2つとした。

1.Siva&Dive

不思議な感じのイントロ・・・「不思議の国のアリス」とはまた違う不思議さ??サビは正直微妙だけど、ちょっと高音になるところはいいww全体的にみるとバランスのいい曲。

2.春夏秋冬

イントロ綺麗で「あ、いいかも」と思えるwwつか全部いいwwこの曲はなんかすごい元気が出るねwwこの曲の翔さんの声、すげぇいい・・・「春が来たら お別れだね、と 呟いた 午後の帰り道♪」なんていい歌詞が入っていたりしてこれはいいww

3.葬園-名も無き君へ-

ドラムと綺麗なサウンドのイントロ。サビは・・・わるくないんだけど、アリス九號.は似てるサビが多すぎてよくわからないなぁ・・・

4.ハイカラなる輪舞曲

なんともワルツっぽくないイントロwwサビはなんか個性が出ていい感じwwちょっとワルツっぽいww

5.平成十七年七月七日

イントロが長くてサビが他の曲と似ている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祇園盛者の鐘が鳴る。

Gionnsixyoujanokaneganaru_1 アリス九號 [祇園盛者の鐘が鳴る。]★★★☆☆

将(Vo)、ヒロト(Gu)、虎(Gu)、沙我(Ba)、Nao(Dr)からなる正統派ヴィジュアル系バンド、アリス九號(ナイン)のファーストミニアルバム。初回限定5000枚は完売。なぜか爆発的人気を果たしはじめているので紹介します。この中ではダントツで「極彩極色極道歌」がいいww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月26日 (水)

FANTASY

Fantasy_1 HAWAIIAN6 [FANTASY]★★★★☆

あのハイスタのレーベル「PIZZA OF DEATH」から突如(?)現れた3ピースバンドHAWAIIAN6。聴けばわかるけどまったくハワイアンではなく、なんていうか、哀愁のある・・・なんだろう。パンク?うん、まぁジャンルで言ったらパンクなんだろうな。よし!哀愁パンクと名づけよう!なんていうか聴いたことのあるようなフレーズをスカッとパンクにした感じ?う~ん説明がうまくできない;;まぁとにかくいいから聞いてみてほしいwwんで、今回のまったくファンタジックでないジャケットのこのCDこそ!彼らの1thミニアルバム「FANTASY」である。基本はさっき言った哀愁パンクで、きいてて気持ちいいんだよねww中でも落ち着いた雰囲気から爆発し、疾走力と爽快感を持たせた「EVER GREEN」が一番好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

だいぶおくれたけど・・・

おめでとう・・・デリック、アブリル・・・・

Avurirutoderixtuku_3   
























これ以外言うことねぇよ・・・本当おめでとう(涙

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月25日 (火)

HAWAIIAN6

Hawaiian6_050915_3

HAWAIIAN6

YUTA、TORU、HATANOからなる「PIZZA OF DEATH RECORDS」出身のメロコア3ピースバンド。もともとHi-STANDARDのコピーバンドとして結成されたらしく、歌声もサウンドの雰囲気もハイスタチック。サウンドは哀愁漂うスピーディ&メロディックで、聴いていて心地よいww

| | コメント (1) | トラックバック (0)

SUM41 U.R.A.best

SUM41 U.R.A.best!

Sum412

「HUPPY LIVE SUPRISE」が売り出されてもう8ヶ月になる。このアルバムはベスト盤であるとともにライブ盤でもあり、満足100%の作品なんだけど・・・果たしてこのアルバムがSUM41のすべてなのだろうか・・・というわけで!おれが

オレの!オレによる!オレのための!

SUM41ココガガ独自編集自己満足裏ベスト作成計画!

を立てました。まぁ簡単に言うと、ベストに入っていないんだけどSUM41のいい曲がたくさんあると言うことで、それを集め勝手にベストにしちまおうとwwその上でやっぱりいろいろ条件を決めて自分で作ってみました。

1.ベスト盤「HUPPY LIVE SUPRISE」に収録されていない曲で作ること。

2.曲数はベスト盤「HUPPY LIVE SUPRISE」に収録されている曲数を同じにする(21曲)

3.現時点でSUM41が発売している全てのアルバム(ベスト盤「HUPPY LIVE SUPRISE」を除く)から最低4曲以上入れる事。(4曲の理由は自由性を高めるため(?))

まぁこんなところかな?とりあえずアルバム4枚から5曲ずづ選曲・・・・!!!!これじゃ20曲じゃね!?まぁいいや、そこら辺はうまく調整。イントロを入れようww

という訳で

完成!!!!

SUM41 U.R.A.BEST!!!

1.Introduction To Destruction

→All Killer No Fillerより

2.Summer

→HALF HOUR OF POWERより

3.All Messed Up

→Does This Look Infected?より

4.Open Your Eyes

→Chuckより

5.Slipping Away

→Chuckより

6.Heart Attack

→All Killer No Fillerより

7.Thanks For Nothing

→Does This Look Infected?より

8.T.H.T

→HALF HOUR OF POWERより

9.MACHINE GUN

→HALF HOUR OF POWERより

10.Nothing On My Back

→All Killer No Fillerより

11.Hooch

→Does This Look Infected?より

12.I'm Not The One

→Chuckより

13.Hyper-Insomnia-Para-Condrioid

→Does This Look Infected?より

14.Billy Spleen

→Does This Look Infected?より

15.Handle This

→All Killer No Fillerより

16.In Too Deep

→All Killer No Fillerより

17.WHAT I BELIEVE

→HALF HOUR OF POWERより

18.Rhythms

→All Killer No Fillerより

19.Noots

→Chuckより

20.Subject To Change

→Chuckより

21.ANOTHER TIME AROUND

→HALF HOUR OF POWERより

っとこんな感じになりました。イントロの「Introduction To Destruction」からどの曲につなげるか悩んだ結果、「Nothing On My Back」と「Summer」の二つになりました。「Nothing On My Back」にした場合、セカンドアルバムの「All Killer~」とかぶるので却下。「Summer」となりました。「Does This~」の「Mr. Amsterdam」が入ってないのは「Hyper-Insomnia-Para-Condrioid」をどうしても入れたくて、それにつづくのは「Billy Spleen」しかなく、あえなく断念。あと出来るだけバラード系が少ないのはしょうがない。全部一気に聴くのはちょっと辛いかも耳疲れを防ぐため、軽いメロコア中心の「All Killer~」からの曲を多めにしたのもそのせいです。と敬語になったけど、こんな感じ?結構順番にも気をつけました!試してみてねぇ!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月21日 (金)

ELLEGARDEN

Ellegarden ELLEGARDEN[ELLEGARDEN]★★★★☆

ELLEGARDENのデビューEP。これがデビューだなんて本当に天才なのね彼らはww壮大な「THE END OF THE WORLD」、硬派パンク「STUPID」、純愛バラード「花」、エルレのグランジ音楽の原点のような「PUNK」、さび付いた泣きメロ「ナイフ」の5曲すべてがエルレファンにとってはもうたまらないはずです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月17日 (月)

大日本異端芸者的脳味噌中吊り絶頂絶景音源集。

Dainihonnitanngeisixyatekizextutixyougur_1 ガゼット [大日本異端芸者的脳味噌中吊り絶頂絶景音源集]★★★★★

日本を代表するヴィジュアル系バンド、ガゼットのマキシで、三曲同時発売の「ザクロ型の憂鬱」「舐~zetsu~」「未成年」全てが収録されている。05年発表で入っている曲全部やばい!!!オカルト的な「舐~zetsu~」や、明日頑張ろう!と思える「未成年」。Dir en grey(?)のような「ザクロ型の憂鬱」など、こりゃぁやばいねwwちなみに大日本異端芸者とはガゼットのこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 3日 (月)

MUSIX18!!!

このサイトは、普段聴いている音楽に満足できなくなり始めたあなたに、

ロックを中心とした新しい音楽をオススメするサイトです。

このサイトでは、特に以下の音楽をオススメしています。

 ①ロックへのススメ

Nirvana21 

普段ロックやバンド音楽を聴かないあなたに、ロックバンドをオススメしたいと思います。

ロックといっても、そんなに気合いの入ったガチなロックンロールではりません。

ロックは多種多様なジャンルに細分化されています。

有名なのではパンク、メタルなどもロックの一種ですね。

CMで流れているあの曲。お気に入りのショップで流れているあの曲。

その8割がいまやロックだと言われています。

②洋楽へのススメ

Warning

洋楽。つまり日本以外の海外の音楽。

日本の音楽に満足できなくなってしまったら、もう海外へ視点を向けるしかありません!

シンプルで可愛いorかっこいいポップス、ロック。

斬新に切り込み様々な世界や物事を批評するヒップホップ、パンク。

やわらかなでムードのあるR&B、フォーク。

この他にも、人の価値観の数だけ音楽があるのです。

日本を出れば、それだけたくさんの価値観を持った人たちがいて、

それだけたくさんの音楽があるのです。(ちなみにこのサイトはかなりロックに偏っています)

③インディーズへのススメ

4105061154

インディーズとは、大手制作会社、メジャーレーベルに所属していないアーティストのこと。

日本で大手と言えば、ソニーBMG、ワーナー、ユニバーサルなどあります。

「この三つがとくに」とは言いませんが、こういったメジャーレーベル会社では、

それだけ多くの人たちに宣伝活動をしているため、様々な規定や条件がアーティスト達にかせられています。

つまり、「こういうことはしていけない」や、逆に「こうしてくれ」とアーティストの個性が隠れてしまう場合があるのです。

テレビに出たりしているアーティストが新しい曲をだしたとき「あれ?これ聴いたことあるような」と感じたことはありませんか?

それは、その規定等に縛られている結果、同じフレーズやメロディなどに偏ってしまっているんですよね。

しかしインディーズはその逆に個性の宝庫!

インディーズはメジャーのように大きく宣伝される機会が少ないので個性での勝負になってくるわけです。

そのため個性的でパワーのあるアーティストがたくさんいるわけですね。

④手を出しにくい(一般から嫌煙されていたりする)ジャンルへのススメ

このサイトでは、一般的に良いとされている音楽のほかに、すこし変わった方向性や、手を出しにくいといわれているジャンルの音楽もオススメしています。

周りが嫌っているから・・・周りで聴いている人がいないから・・・

などといって聴かないなんてもったいない!

このブログが気に入ったらここクリックしてね↓
人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »