トップページ | 2006年6月 »

2006年5月28日 (日)

Ten Years And Running

Ten_years_and_running MxPx {Ten Years And Running}★★★★★

いわずと知れたMxPxの日本独自編集ベストアルバム。俺っちは聴く機会がなくて初めて聴いたアルバムが、このベスト。CMに使われた「The Broken Bones」以外興味がなかったけど、これがまたやべぇwwまず「Punk Rawk Show」聴いて目が覚めて、どんどん彼らの世界に引き込まれていく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月27日 (土)

No Pads,No Helmets...Just Balls

No_padsno_helmetsjust_balls Simple Plan{No Pads,No Helmets...Just Balls}★★★☆☆

乱交パーティジャケット(?)のバカバカオープンのシンプルプランファーストアルバム。でもジャケットとは異なり以外に落ち着いた感じの曲wwジャンルはメロコアかな?グッドシャーロットや、ブリンク182と深い親交を持った彼らはそんなバンドから影響を受けたのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ROYAL JELLY→

Roiyaruzeriゼリ→{ROYAL JELLY→}★★☆☆☆

トータル70分におよぶ実質上、ゼリ→のベスト・アルバム。清治プロデュースでデビューしたコテコテパンクバンド(自身はロッカーと名乗っている)インディーズ時代に、コンドーム付限定カセットテープ「JET GLASS」を発売したことで話題になった。「おもちゃのピストル」でメジャーデビューを果たして、しばらくいい調子になっていくが、レーベル側から解雇され、現在は自主レーベル「VELVET SNOOZER」に所属している。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年5月26日 (金)

竜舌蘭

Rixyuuzeturann GO!GO!7188 {竜舌蘭}★★★☆☆

ユウ(Bass & Vo)、アッコ(Guiter & vo)、ターキー(drum)の三人バンド、GO!GO!7188のフォースアルバム。このアルバムで初めてこのバンドの曲を聴いて感動しましたww「青い亀裂」をはじめとして、「くのいち」、「考え事」など、俺的ベスト曲を多数収録してあるww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風景描写

Huukeibixyousixya 音速ライン {風景描写}★★★★☆

1stシングル【スワロー】、2ndシングル【街風】、3rdシングル【逢瀬川】をはじめとする爆発ナンバー12曲収録のメジャーファーストアルバム。そのほかにもインディーズ時代の「冬の空」「スローライフ」も収録された満足のいく一品。このジャケだけみると、ただポップっぽいけど、中身を聞くとロック曲ばかり!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年5月23日 (火)

純愛サプリメン

Junnaisapurimenn スムルース {純愛サプリメン}★★★★☆

ボーカルの徳田いわく「今回のアルバムは桃太郎形式なんです」と言っていた。くわしくは公式サイトで。軽やかポッピーバンド、スムルースのメジャーファーストアルバム!ボーカルでリーダーの徳田は「徳田ワールドの絵と文章能力で音楽以外の業界からもラブコールで大忙し」らしい。インディーズ時代の『スライドブルー』や、俺が大好きな「スーパーカラフル」と「帰り道ジェット」も収録されていて、満足できまくりの作品。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DOOR

Doa 銀杏BOYZ {DOOR}★★★☆☆

銀杏BOYZのファースト、「君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命」と同時発売されたアルバム。本屋のバンドスコアのコーナーにはかならずこれが本頭に置いてある(?)。「君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命」に比べて、ゴイステ色が薄れ銀杏チックになっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月22日 (月)

君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命

Bokutokiminodaisannzi_1銀杏BOYZ {君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命}★★★★☆

元GOING STEADYのヴォーカル、峯田和伸のソロとして始まり、GOING STEADYの安孫子真哉(ベース)と村井守(ドラム)、さらにチン中村(ギター)が加わり、2003年春からバンドとしてライブ活動を開始した銀杏BOYZ。結成から2年の沈黙を破り1stアルバムを2枚同時リリース! YO-KINGがプロデュースに参加するほか、伊藤洋一(Going Under Ground)、沖祐市(東京スカパラダイスオーケストラ)、YUKIなどの豪華ゲストミュージシャンも参加したアルバム。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Lights And Sounds

Raituanndosaunnzu_1 YELLOW CARD{Lights And Sounds}★★★☆☆

メンバーにバイオリンを入れた異型バンドYELLOW CARDの渾身のセカンドアルバム。LAからNYへと移り住み、心機一転し制作したらしい。しかし世間の評価は悪いww確かに前作がよかっただけに近作は気負いすぎかなって聴いてて感じる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月21日 (日)

Dude Ranch

Dixyudorannti Blink-182{Dude Ranch}★★★☆☆

自主制作「CHESHRE CAT」がヒットしたことで調子に乗った(?)彼らがメジャーデビュー作として持ってきた。俺的ブリンクNo1!4作目の「Enema of the State」もすきだけど、やっぱこれが一番かな?とにかく一曲一曲が短い!くっきりしたサウンドにハキハキしたオチャラカ歌詞を載せてどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Under My Skin

Anndamaisukinn_1 Avril Lavigne {Under My Skin}★★★★☆

Avrilのセカンドアルバム。プロデューサーにリンキン・パークなどを手掛けるドン・ギルモア、元マーヴェラス3のブッチ・ウォーカー、アワ・レディ・ピースのレイン・メイダの3人を迎え制作したそう。ファーストよりロック!って感じ?ギターサウンドが目立つ曲が多くなってる。よくこのアルバムから聴いた人は「Let Go」は地味みたいなこと言うけど、そんなこと全然ないのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Let Go

Letgodisco_1 Avril Lavigne {Let Go}★★★★☆

アブリルの代名詞的な「Sk8er Boi」や「Complicated」を収録したファーストアルバムである「Let Go」は全世界で2000万枚超えと大ヒット!雑誌「INROCK」の人気投票では常にTOPをキープし続ける理由は、やっぱ歌ううまいし、歌自体もすごい良いし、なによりルックスがいい!!!!かわいすぎ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月20日 (土)

Does This Look Infected?

Dazudexisuruxtukuinnfekutextudo SUM41{Does This Look Infected?}★★★★★

おれっちがSUM41を聴くきっかけになったアルバム。セカンドアルバムの「All~」と比べるとメチャクチャ技術が高まってるのがわかる。サマソニ断って作っただけの事はあるね。「All~」が大ヒットして、かなりのプレッシャーだったろうなぁ。ちなみにタイトルの「Does This Look Infected?」の意味は「これは感染しているように見えますか?」

| | コメント (2) | トラックバック (1)

All Killer No Filler

Orukiranofira SUM41 {All Killer No Filler}★★★★☆

SUM41メジャーでのファーストで、これはなんと300万枚の大ヒット!ハチャメチャなアルバムと言われているけど、以外にしっかり出来てると個人的には思っている。色んなジャンルやってるかんじ、ラップ、メタル、メロコア・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月19日 (金)

HALF HOUR OF POWER

Hurfawerofpower SUM41HALF HOUR OF POWER★★★☆☆

SUM41のメジャー前のアルバム(事実上1stアルバム)。ボーカルのデリックが、自分達の紹介になるようなアルバムを作ろうということで完成して、SUM41のハチャメチャアルバム。とりあえず作ってみる。みたいなアルバム。この適当さがうけるw

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年5月18日 (木)

SUM41

Sum41

SUM41

カナダ、トロント出身の4人組。高校時代はそれぞれ地元のバンドに所属していたが、夏休みが41日目に差し掛かった日に一緒に出かけたワープド・ツアーで感銘を受け、この日より「SUM 41」としての活動を開始する。

水鉄砲でピザ屋を襲撃する映像、花火やトランポリンなど、飛び道具を使ったライヴ映像など、涙を流さずには観ていられない爆笑映像を気に入ったアイランド・レーベルは1999年12月下旬に即契約を結び、爆笑爆走パンク・ロッカーズとしてデビュー。EP“HALF HOUR OF POWER”(『ハーフ・アワー・オブ・パワー』)をリリースし、マイティー・マイティー・ボストーンズ、フェイス・トゥ・フェイス、オフスプリング、BLINK 182などといったバンドとのツアーを経てリスナーの支持を獲得していき、2001年5月にデビュー・アルバム“ALL KILLER NO FILLER”(『オール・キラー・ノー・フィラー』)をリリース。1stシングル「ファット・リップ」は世界的にスマッシュ・ヒットとなり、またたく間に全世界で300万枚のセールス(日本では20万枚)を記録する。

Vo Guiter [DERYCK WHIBLEY]

生年月日:1980/3/21
出身地:トロント、カナダ
音楽で影響を受けた人:The Beatles, Green Day, NOFX
初めて買ったレコード:’50’s リヴァイヴァル・コンピレーション
一番好きなアルバム:John Lennon - “Imagine”
一度会ってみたいアーティスト:Paul McCartney
人生で一番大切なのは:音楽に決まってんじゃん!

Guiter [DAVE BAKSH]メンバー脱退・・・

生年月日:1980/7/26
出身地:知らん・・・
音楽で影響を受けた人:Rob Halford, Anthrax, The Vandals
初めて買ったレコード:Eddy Grant - “Electric Avenue”
一番好きなアルバム:Rob Halford - “Resurrection”
一度会ってみたいアーティスト:Flavor Flav, Roman Tam, James Hetfield, Iron Maiden
人生で一番大切なのは:気楽でいられればなんでもいい

Bass [CONE McFLY]

生年月日:1980/9/3
出身地:トロント、カナダ
音楽で影響を受けた人:Rancid, The Police, Green Day
初めて買ったレコード:Michael Jackson - “BAD”
一番好きなアルバム:The Police - “Outlandos D’Amour”
一度会ってみたいアーティスト:Sting, Dave Grohl, Billy Idol
人生で一番大切なのは:ハチャメチャで楽しく生きること

Steve [STEVE JOCZ]

生年月日:1981/7/23 
出身地:カナダ・・・
音楽で影響を受けた人:Nirvana, Guns ‘n’ Roses, Iron Maiden
初めて買ったレコード:Rap Traxx - Old School Hip Hopコンピレーション
一番好きなアルバム:ないよそんなの
一度会ってみたいアーティスト:Paul McCartney
人生で一番大事なもの:カネとオンナ

WHITE FROM SUM41 HP

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ロッカーよ大志をいだけ!

ロッカーよ、今こそ立ち上がれ

ロッカーよ、常にCOOLであれ

ロッカーよ、常にロッカーであれ

ロッカーよ大志をいだけ!

~ロッカーの条件~

1・音楽好き
2・本当のロッカーは他の音楽もバカにしない
3・基本ロックである
4・プレイヤーの音量はMAX10なら9割以上
5・このブログMAXみまくり

ろっかぁぁぁぁああああああああああ!!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年5月 1日 (月)

GREENDAY

Greenday_2 GREENDAY

アメリカ・カリフォルニア州出身の3ピースメロコア・パンクバンドGREENDAY。メジャーデビューアルバム「Dookie」の大ヒットで一躍パンク界のトップに踊り出て、「Insomniac」、「Nimrod」など問題の作品を出しながら、不動の地位を築いていき、ついに2004年に発表した通算7作目のアルバム「Amercan Idiot」がグラミー賞「最優秀ロック・アルバム賞」を受賞し、さらにこのアルバムの中からシングルカットされた「Boulevard Of Broken Dreams」で「最優秀レコード」を受賞するなど名実共にロック界のトップとなった。また痛烈にブッシュ大統領を批判しており、「American Idiot」(アメリカのバカ者)とはブッシュだとINROCKで公言している。

メンバー

ビリー・ジョー・アームストロング(Billie Joe Armstrong)

ギターボーカルで、GREENDAYの楽曲の原案はほとんど彼が担当している。またライブのパフォーマンスがうまく、広いステージでのプレイも得意でファンからの人気が高い。

マイク・ダーント(Mike Dirnt)

ベース担当。ビリーと共にGREENDAYの母体をつくり、今日のGREENDAYを支えてきた彼。ライブなどでは騒ぐが、インタビューの時などは一番真面目にコメントする。

トレ・クール(Tre Cool)

本名、フランク・エドウィン・ライト3世。ドラム担当でいつもふざけていて親しみやすい性格。インディーズデビューした当時はまだGREENDAYメンバーではなかったがインディーズ2作目から参加している。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

the GazettE

Photo_12










the GazettE

the GazettE(以下ガゼット)は、ルキ(Vo)、麗(gt)、葵(gt)、れいた(ba)、戒(dr)かな成るビジュアル系インディーズバンド。オカルト&ダークな曲から、ポップ&キャッチーな曲までバラエティにとんだ楽曲と、それに比例するハイレベルな演奏、ボーカル、ルキの広い音域の歌声が魅力で、現在爆発的人気を誇っている。しかしその反面、Dir en greyやLUNA SEA、SADS、黒夢等、その他様々なアーティストの楽曲と非常に酷似した楽曲が多数あり、V系界では類をみないほどのアンチ派がいるため、V系界のオレンジレンジなんて叩かれることもしばしば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年6月 »